【お知らせ】新企画アンケート

ただいま、新企画に向けてのアンケートを実施しております。
今年は、「毒親から経済的に自立するための新企画」を始めようと思っているので、それについてのアンケートです。
よろしければご協力お願いします。

Webライティングとは?「解説」や「セールス」がWebライティングの基本

Webライティングとは Webライターの始め方

未経験や初心者の方でも気軽に始められるのが魅力のWebライティング

もともと文章を書くのが好きな方もいれば、

「在宅ワークを始めたいけど、プログラミングやWebサイト作成は難しそうだし…」

という理由でWebライティングに興味を持った方もいるかもしれませんね。

私は後者でしたが、今ではWebライティングそのものが楽しく、本当にやってよかったなと実感しています。

では、Webライティングとは何なのか、これからWebライティングを始めたい方のために解説していきますね。

Webライティングとは?

今のところ、Webライティングの「ハッキリした定義」はありません。

私としては、Webライティングとは、文字通りセールス文または解説文を書くことだと思っています。たいていのWebライターもそう解釈しているのではないかと思います。

「セールス文」と「解説文」とは?

Webライティングで頼まれる記事は、セールス解説のために書くのがほとんどです。

セールス文や解説文を書くときは、

  • 分かりやすく説明された文章
  • 「みんなが知りたいこと」をピンポイント&簡潔にまとめた文章
  • 検索したとき、なるべく上部に表示される記事

このような文章を要求されることが多いです。

最後の「検索したとき~」については、現時点でよく分からなくても問題ありません。Webライティングを続けていれば分かるようになっていくので、今は軽く「こんな感じの文章を書くんだ」程度に考えてください。

「解説文」の例

例えば、「ゆで卵の作り方」というテーマで文章を書くことになったとしましょう。

同じテーマでも、小説風・日記風・解説文などで、文章の性質がかなり違ってきます。

小説風の例

母は卵と塩を鍋に入れ、慣れた手つきで火にかけ始めた。少しして、ぐつぐつとお湯が泡を立て始める。
私には卵がちょうどよく煮えるタイミングなんて分からないが、長年主婦をやってきた母には手にとるように分かるらしい。
数分後、母はまるで「今が絶妙なタイミングだ」と確信したかのように卵を取り出した。
私がゆでたての卵の殻をむいてみると、ゆで卵の黄身は、見事なほど母が大好きな半熟加減にゆで上がっていた。

日記風の例

今日は、ゆで卵を作ってみました~!
途中で卵が割れて台無しになったので、1度作り直しました…(泣)。
我が家のメンバーは全員完熟が好きなので、しっかりと煮込みます。
私は半熟のタイミングを見極めるのがニガテなので助かります(^^;)

Web向け文章(解説)の例

この記事では、ゆで卵の作り方について解説します。
1. 鍋に卵、水、塩を入れる
すべての卵がひたる程度の水を入れ、強火にかけます。お湯から卵を煮るのではなく、水から煮てください。
塩はひとつまみ程度入れてください。煮込み中のひび割れを防ぐ効果があります。
2. 沸騰後は中火で煮る
卵を煮る時間の目安は、以下のとおりです。
・半熟:約7分
・完熟:約9分
すべて、水が沸騰してから計測した時間です。

以上の例から分かるように、「解説」や「セールス」を目的としたWeb向けの文章では、

  • 余計な描写や修飾がなく簡潔
  • 客観的で、誰が読んでも同じように解釈できる
  • 知りたいことが分かりやすく書かれている

以上のような文章が求められています。

上記の例でいえば、「誰が読んでもこの通りやればゆで卵を作れる!」というくらいの客観性と分かりやすさが必要です。

もちろん、小説や日記のような文章が悪いということではありません。ただ、Webライティングのお仕事では、上記のような文章を書くことが要求されるというだけのお話です。

ちなみに、上記のゆで卵の作り方はあくまで一例なので、作り方に関する問い合わせにはお答えしかねます。笑

Webライティングの歴史

ネットが発達する前は、当然Webライティングなんてものは存在しませんでした。

ネット普及後は、Webを利用する人々が爆発的に増え、それに伴い

「Webによる広告効果は絶大だ!」

ということが分かってきました。

Webによる集客効果が認められたことにより、集客に効果的な記事がかけるWebライターの需要が爆発的に増えたのです。

Webライターになる方法

では、Webライターになるためにはどのようなことが必要なのでしょうか。

ここがWebライターの魅力なのですが、Webライターになるために資格は一切必要ないのです。

以下の記事に、Webライターになるために必要なものすべてを書き出していますので、よろしければご覧ください。

まとめ:Webライティングとは「Web向けの文章を書くこと」

Webライティングとは、解説や集客のためにWeb向けの文章を書くことです。「情緒」や「ストーリー性」が重視される小説とはまったく違います。

どちらかというと、

  • セールスマン
  • 分かりやすく教えてくれる先生

のような要素が重視されます。

最初は文章を書くのも難しく感じるかもしれませんが、まずは「これでちゃんと伝わるかな?」と意識しながら文章を書いていればおのずと分かりやすい文章が書けるようになるので、それほど心配いりません。

あまり身構えず、「Webライティングでは読者に伝えることを第一とした文章を書けばいいんだ」くらいに思っていてください。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
Anna

毒親育ちで在宅WebライターのAnnaです。

いわゆる「パワハラ上司」のような祖父母・両親のもとで育ち、大人になっても人間関係をうまく築くことができず、抑うつ・無職などを経験しました。

今は、たまにバイトしながら在宅でWebライターをしています。

自身のWebライターの経験から、在宅で「毒親脱出資金」を稼ぐ方法を読者の皆様と一緒に模索していけたらと思っています。

「甘え」、「親不孝」など毒親育ちに対する世間の厳しい言葉をとりあえず置いておいて、100%毒親育ちサイドに立って発信していきます。

詳しいプロフィールはこちら

【Webライティングの実績】
・通算500件以上の記事を執筆
・大手生命保険メディア様にて多数記事掲載
・Fintech系サイト様にて記事を1カテゴリー全執筆
・「サグーワークス」様の合格率1%「プラチナライターテスト」に一発合格
・「Lancers」様にて、Webライティング開始後1か月で「認定ランサー」の資格を取得

Annaをフォローする
Webライターの始め方
Anna's Cup of Tea

コメント