【お知らせ】新企画アンケート

ただいま、新企画に向けてのアンケートを実施しております。
今年は、「毒親から経済的に自立するための新企画」を始めようと思っているので、それについてのアンケートです。
よろしければご協力お願いします。

デンマーク発祥の心地よい生き方「ヒュッゲ」を自己流アレンジ

ライフスタイル「ヒュッゲ」 毒親から精神的に離れる方法

いつもお疲れさまです。一段と寒くなってきましたね。
暖かくしてお過ごしください。

さて、今日のタイトルにもある「ヒュッゲ」という言葉をご存じですか?

「ヒュッゲ」とはデンマークのライフスタイルのことで、「幸福」「居心地よい空間や時間」という意味があります。

ヒュッゲ(hygge)とは?

私がイギリスに旅行したとき、しどろもどろな英語しか話せない私とすら友達になってくれたフレンドリーなイギリス人女性がいました。

内気な私にとって貴重な存在です。笑

その彼女からバースデーメールをもらったとき、「今イギリスではhyggeが流行ってるの。Annaもきっと気に入ると思うよ!」という内容のメッセージがありました。

ん?hyggeってなんだろう?私は気になって調べてみました。

どうやら「ヒュッゲ = hygge」とはデンマーク発祥のライフスタイルのことで、「幸福」、「心地よさ」、「居心地のよい空間や時間」を表す言葉だということが分かりました。

メッセージをくれた友人のまわりでは、「自分の好きなものに囲まれてゆったりと暮らす」ものだと考えられているそうです。

部屋で大好きな食べ物をゆっくりと料理したり、好きな家具で部屋を囲んだりする。

気が合う友人や好きな人を家に呼んで、ゆったりとした時間を過ごす。

休日は無闇に予定を入れず、公園での散歩やカフェでのリラックスタイムをマイペースに楽しむ。

ヒュッゲとは、これらのようなゆるやかでほっこりとした時間をマイペースに過ごすライフスタイルであり、もともとは北欧の国デンマークの長い冬を快適に過ごせるように生まれた概念だそうです。

現在、イギリスでは、このようなゆったりとしたライフスタイルが流行しているそうです。

のんびりとしたライフスタイルが流行るということは、イギリスでも時間に追われたり仕事で忙しくしている方が多いのだと思います。

 

あまりお金がかからず、日本でできる「自分流ヒュッゲ」

当サイトのサブタイトルにも書かせていただいておりますが、「ゆるやかさ」や「優しさ」を重視している私にとって、たしかに友人の言うとおり、このライフスタイルは魅力的です。

ただ、私は、安易に欧米流のものをそのまま取り入れたり、無理して「世間で ” よい ” と言われること」をするのはあまり好きではありません

私自身の性質が合わず、生活しづらくなるからです。

できれば私自身でかみ砕いてから、元のステキな部分を自分流に取り入れたいと思っています。

そこで、日本でも実現可能で、なおかつそこまでお金のかからない「ヒュッゲスタイル」を考えてみました。

あくまで私に合うように考案したものですので、もしご参考にしてくださるという方がいらっしゃいましたら、ご自身の状況と兼ね合いながらご検討くださいね。

何もしない時間を増やす

私の生まれた家庭では、いつもキリキリ働いているのが美徳だとされてきました。

何かしら動いていないと家族に怒られていました。

でも私は、どちらかというと何もせずにぼーっとしている時間のほうが好きです。

「何もしていない時間にも価値を見出す」ことができれば、何もない時間を心からゆったりと過ごせる基盤が築かれると思います。

ついせかせかしてしまうのは、何もしていない時間を過ごすことに罪悪感があったり、ムダを感じてあせったりするからではないでしょうか。

私はたまにそう感じてしまいます。

でも、何もしていなくたって、ゆっくりぼーっとしていたって、ちゃんとその時間には価値があるものだと私は思います。

好きな飲み物を買い、数分かけてゆっくりと味わって飲む

手作りの飲み物、カフェやコンビニで買った飲み物。

何でもかまわないので、今飲みたい、あるいは好きな飲み物を1つ手に入れて、ゆっくりと味わいながら飲む。

味覚から得られる幸せは大きいです。

味わうように飲めば、目の前にある「味」に意識や思考が支配され、余計な不安や苛立ちを薄められると思います。

時間をかけて飲むとぬるくなったり冷めたりするのが気になるという方は、少量の飲み物を買ってじっくり味わってみてはいかがでしょうか。

私も普段は飲むスピードが早いほうなので、じっくり味わいたいときは少量の飲み物を買います。

そのほうが、お財布に負担もかかりませんしね。

暑いときは冷えた飲み物、寒いときは温かい飲み物を選べばムリしなくて済みます。

心から好きな趣味を楽しむ

ヒュッゲの代表的な様式には「キャンドルを灯して部屋を暖かくする」などがありますが、ご自宅にキャンドルがない場合や、そもそもキャンドルやアロマなどにご興味のない方もいらっしゃると思います。

これらの行動をただマネしても、好みに合わないことをしなくてはならず、結局安らぐことができません。

私は、1番幸せになる行動とは、「心から好きなことをすること」だと思います。

「心から」です。上記のような例をただマネしたり、他人が幸せに感じることをしたりしても、自分が満たされることはありません。

心からしたい趣味をやればいいと思います。

「やりたいことに没頭する」のが1番大切なことだと思います。

そのための時間を作ることが重要です。

趣味に没頭するほど元気がないという方は、最初に挙げた「何もしない時間を作る」を実践し、ただゆっくりと過ごすだけでも大丈夫だと思います。

 

まとめ

これらの方法なら、それほどお金もかからず、ゆっくりとした時間を過ごせるのではないでしょうか。

デンマーク発祥のライフスタイル「ヒュッゲ」が、日本でも流行ってくれたらいいなあ…。

こんなにステキな「ヒュッゲ」というライフスタイルを教えてくれた友人Vに感謝します。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
Anna

毒親育ちで在宅WebライターのAnnaです。

いわゆる「パワハラ上司」のような祖父母・両親のもとで育ち、大人になっても人間関係をうまく築くことができず、抑うつ・無職などを経験しました。

今は、たまにバイトしながら在宅でWebライターをしています。

自身のWebライターの経験から、在宅で「毒親脱出資金」を稼ぐ方法を読者の皆様と一緒に模索していけたらと思っています。

「甘え」、「親不孝」など毒親育ちに対する世間の厳しい言葉をとりあえず置いておいて、100%毒親育ちサイドに立って発信していきます。

詳しいプロフィールはこちら

【Webライティングの実績】
・通算500件以上の記事を執筆
・大手生命保険メディア様にて多数記事掲載
・Fintech系サイト様にて記事を1カテゴリー全執筆
・「サグーワークス」様の合格率1%「プラチナライターテスト」に一発合格
・「Lancers」様にて、Webライティング開始後1か月で「認定ランサー」の資格を取得

Annaをフォローする
毒親から精神的に離れる方法
Anna's Cup of Tea

コメント