【お知らせ】新企画アンケート

ただいま、新企画に向けてのアンケートを実施しております。
今年は、「毒親から経済的に自立するための新企画」を始めようと思っているので、それについてのアンケートです。
よろしければご協力お願いします。

金切り声で怒鳴られても平気になる、3つのラクな毒母対処法

毒親の対処法
ちょっとしたつぶやき
ちょっとしたつぶやき

最近なぜか「暖房をつけたはずが、間違えて冷房をつけて凍えてしまう」という夢を何回か見ています。笑

毒母に悩まされている方は多いと思います。私自身も、毒母という存在がどんなに理不尽かイヤというほど知っています。

そんな私が、母に怯えながらも、今まで自分の心の安定のためにとってきた対処法をご紹介しますね。

母親が毒親で、

  • 常日頃母親に不満を持っている
  • 今まで自分がとってきた毒母対処法では満足できない
  • 母に従うのはイヤだけど、面倒なことはしたくない

上記のようなお悩みをお持ちの方は、よろしければこの記事を読んでみてくださいね。

この記事では、毒母と距離をとって心の安定を保つ方法と、自分の気持ちや信念を大切にしたまま、心穏やかに毒母をやり過ごす方法を書いています。

毒母の対処法

「毒父に悩まされている」という方は、以下の記事をご参考いただければ幸いです。基本的な内容は本記事と同じですが、男親ならではの問題によりスポットを当てています。

疲れていても比較的ラクにできる毒母対処法

心身共に疲弊していると、毒母と別居したりケンカしたりといった大きなアクションはとりづらいと思います。

しかし、毒母というのは、子供のコンディションにかかわらずその理不尽ぶりを発揮してきますよね。

毒母育ちの方はイヤというほどお分かりかもしれませんが、毒母に反発すると必ず争いが起きます。

そして、毒母はどこまでも引き下がることはないので、最後にはどうしても毒母の主張が通ってしまいます

自分の主張ばかり通して相手の主張を受け入れない人とは、「合わない」と割り切ってさっさと距離をとるに越したことはないと思います。

しかし、母親というのはそうカンタンに離れられるものではありません。

よって、たとえ母親と馬が合わなくても離れることができないのでお互いに反発してしまい、その上毒母は絶対に引き下がらないので、子どもは疲れてしまいます。

疲れていても毒親に対処しなくてはならないとき、理不尽な母親の行動を心穏やかにやり過ごす方法があります。

【対処法①】反発せず毒母の話を聞き流し、心の中でダメ出しする

特に、心身共に疲れ切っているときは、母親に反発してバトルするのはしんどいと思います。よって、そのときは黙って話を聞き流してもいいかと思います。

私にも経験があるのですが、毒母が話しかけてくると、ついつい全力で耳を傾けてしまう方は多いのではないでしょうか。

まるで、社運を懸けた重大なプロジェクトに関することのように必死になって話を聞こうとしてしまいませんか?

そんな真剣な状態で毒母の理不尽な話を聞くとどっと疲れてしまうので、聞き流すのがとてもラクです。

毒母の話を聞き流すために有用なキーワードは、「ふーん」です。

もちろん、このように相づちを打ってしまうと毒母の機嫌は目に見えて悪くなってしまうので、「ふーん」は心の中だけに留めておき、相づちを打つときは「うん」か「ふんふん」を使ったほうがいいです。

表面的には毒母の話を聞いているフリをして、心の中では

「ふーん、お母さんはそう考えてんだ」

と毒母の言葉を聞き流します。

単純なことですが、これだけで自分の考えと毒母の考えを混同しなくて済みますし毒母から行動を支配されずに済みます

それでも聞き流せない、言われたい放題では気が収まらないという方は、心の中で毒母にダメ出しをしてみてください

例えば、

  • 「あーあ、その言い方はダメでしょ」
  • 「そんな理不尽なことを堂々と言ったら嫌われると思うんだけどなー」

という感じです。

こんなことをしていると、「何より自分がイヤな人間になってしまうのではないか」と思うかもしれません。私もそんな罪悪感に苛まれました。

しかし、自分の心が壊れそうになっている局面で、敵に対して無防備に心をさらけ出す必要はありません

これは自分を守るために必要な防御法でもあり、ましてや直接口に出して相手を傷つけているわけでもないので大丈夫だと思います。

しかし、母を受け流すだけでは母の都合のよい方向に話が進んでしまうこともありますよね。それを阻止したい場合は、以下の方法を試してみてください。

【対処法②】 「○○してくれると嬉しい」と伝える

理不尽なことを言ってくる毒母への対処法として私が実践してみてもっとも効果的だったのは、この

「○○してくれると嬉しい」

というフレーズで母親に「反発」したときでした。

毒母に理不尽なことを言われるとき、たいてい

「○○してよ」
「○○しなきゃね?」

と命令されませんか?

つまり、逆に言えば、同じように母親の行動を強要しようとすると、当然母親にも反発されるということです。

よって、

「もっと優しい言い方をして」
「家に来ないで」

などというように「命令」するのではなく、「○○してくれると嬉しい」という言い方をすると効果的なのです。

例えば、毒母に「買い物に行ってこい」と言われたとき、「私に頼まないで」と返してしまうと反発されます。

しかし、「今忙しいから、代わりに行ってくれると嬉しいな」と言えば、毒母が買い物をしてくれるかは分かりませんが、少なくとも買い物を強制される可能性は少なくなると思います。

少し疲れるが、より効果的な方法

【対処法③】別居する

大きなアクションを起こす余力がある方は、意を決して毒母と別居してみてください。

毒父・毒母両方に言えることですが、自分を守るためには、毒親と物理的な距離をとるに越したことはありません

「別居したいけど別居しづらい理由がある」という方は、以下の記事を参考にしてみてください。

どんなことを不安に思い、どんなことをイヤだと感じるかは人それぞれです。

けっして読者様の「別居できない理由」を「甘えだ」とか「たいしたことない」などと一刀両断するつもりはありませんので、ご安心くださいね。

毒母に対処するときに覚えておくとラクなこと

冷静さを失わなければ、自分の信念や考えを見失わずに済む

毒親と接するときに冷静でいることは大切です。冷静でいれば、自分の信念や考え方を見失わずに済みます。毒母の金切り声に耐えかねて毒母をなだめる必要もなくなります

なぜかというと、私のような毒母育ちは、毒母のわめき声でカンタンに自分の信念や考え方を見失ってしまい、思っていないことを言ってでも、わめき散らす毒母を全力でなだめにかかってしまうからです。

ですから、冷静でいるためには、冷めた目で母を見つめることも重要です。もちろん、表情に出してはいけませんが…。

毒母に自分の考えを理解させようとしないほうがいい

自分の信念や考え方を毒母に分からせようとすると、あなたが苦痛を味わうことになります

なぜなら、毒母が子供の考えを理解してくれることはまずありませんし、万が一理解してくれたとしても、毒母は子供の考えにそれほど価値を感じてくれないからです。

よって、自分の考えを母親に理解させようとすると、「母親が自分を受け入れてくれない」という現実に苦しむことになります。

悲しいお話ですが、その「無理解」こそが毒親たるゆえんだと思います。

ただ、毒母が理解してくれないからといって、ご自分の信念まで曲げる必要はありません。そっとご自分の信念や考えを心の内側にしまい、大切にしておいてくださいね。

何も変化がなくても大丈夫

疲れているときはムリをせず、小さくてもできることから始めてみてください。

何も変化がなくても、結果がついてこなくても大丈夫です。少しずつでも前進するのは価値があることだと思います。

安心できるはずの家庭で、他の人にはない苦痛に対処しなくてはならないのはとてもつらいですよね。

自分の中の心持ちを見直すだけでもかまいませんので、1歩ずつゆっくりと進み出してみてください。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
Anna

毒親育ちで在宅WebライターのAnnaです。

いわゆる「パワハラ上司」のような祖父母・両親のもとで育ち、大人になっても人間関係をうまく築くことができず、抑うつ・無職などを経験しました。

今は、毒親との絶縁に成功し、バイトしながら在宅でWebライターとして穏やかに暮らしています。

「甘え」、「親不孝」など毒親育ちに対する世間の厳しい言葉をとりあえず置いておいて、100%毒親育ちサイドに立って発信していきます。

詳しいプロフィールはこちら

【Webライティングの実績】
・通算500件以上の記事を執筆
・大手生命保険メディア様にて多数記事掲載
・Fintech系サイト様にて記事を1カテゴリー全執筆
・「サグーワークス」様の合格率1%「プラチナライターテスト」に一発合格
・「Lancers」様にて、Webライティング開始後1か月で「認定ランサー」の資格を取得

Annaをフォローする
毒親の対処法
Anna's Cup of Tea

コメント

  1. Anna さま

    こんにちは。
    こんな時間に失礼します。

    私も毒親育ちです。自分がアダルトチルドレンだと確信し、自覚してから5年程が経ちます。
    毒親(母)との戦いに、ほとほと疲れ果てて絶望し、今も泣きはらした重い目が痛くて眠れず、起きて毒親の口癖などをネットで検索かけていたら、このHPに辿りつきました!

    私もAnnaさんが自己紹介されている経歴とほぼ同じです。
    私は現在進行中で人生暗闇の最中ですが。。。

    たった今、“金切り声で怒鳴られても平気になる、3つのラクな毒母対処法”を読ませていただきました。

    すごく文章が分かりやすくて、そうそう!と頷きながら共感しました。
    対処法も教えてくれていて、綴る言葉がやさしくて心に染みます。

    絶望の淵にいる精神状態で、暗い顔してスマホをいじっていたんですが、このHPに出会えたことがうれしくて、思わずメッセージを書いてしまいました^^
    ありがとうございます。

    今日から色々な記事、読み進めたいと思います。

    みゆ

    • コメントいただきありがとうございます。
      当ブログ管理人のAnnaです。

      みゆさんは、今が人生の中で1番つらい時期で、
      お母様との戦いで泣きはらしてしまうほど
      つらい思いをたくさんしているのですね。

      毒親と接して疲れたときは、
      ネットで自分と同じような方がいないかと
      手探りするように探しますよね。

      私も毒親と完全に離れられたわけではなく、
      (自業自得ですが)1度経済面で毒親に頼ったせいで弱い立場になってしまい、
      今でも休日の理不尽な呼び出しなどに逆らいづらい立場なので、
      暗闇の中からどうにかもがきだそうとしている最中でもあります。

      「疲れた毒親育ちにとにかく優しい言葉で語りかけたい」というのを
      当サイトのコンセプトの1つに挙げていたので、
      みゆさんのご感想を顔がほころぶほど嬉しく読ませていただきました。

      何かおいしいものを食べる、温かい飲み物を飲むなど、
      ほんの小さな幸せでもかまわないと思うので、
      みゆさんの心が少しだけでも休まるといいなと思っています。

      もしもう少しだけ動けるのであれば、
      毒親カウンセラーさんなどにご相談してみてはいかがでしょうか。
      もしかしたら、何か解決の糸口が見つかるかもしれません。

      一毒親育ちのつたないブログではありますが、
      何か癒されるものがありましたら幸いです。