【レポート】毒親と食事に出かけてきました

毒親と食事に行ったときのレポート毒親エピソード
本レポートは、サイト運営者のAnnaが、毒親と絶縁する方法を知る前のできごとです。
現在の私は、毒親の攻撃を受け流すことに成功し、すでに毒親と絶縁状態になっています。

今回の記事は、GW中、両親(父母どっちも毒親)に誘われて食事してきたときのレポートです。
毒親ってどんなカンジなのか、あくまでほんの一例にすぎませんが、ご参考になれば幸いです。

本当は死ぬほど断りたかったのですが、以下3つの理由があったのでイヤイヤ行くことにしました。

  1. 断ると後でまた誘われ、「前回も断ったでしょ」と言われて面倒だから
  2. 過去に1度断ったら、激昂された上に後から文句まで言われたから
  3. 最近少しお金に困ることがあって両親に助けてもらっていたので、誘いを断ると罪悪感を引きずり続けて苦しくなる気がしたから

要するに、食事に行ったのは断ると面倒だからです。笑

では、さっそくレポートしていきます。
毒親の理不尽なセリフなどの描写が出てくるので、疲れているときはムリせず、読めるときに読んでください。

【会う前】2か月前から「予定を空けろ」とクギを刺される

両親と実際に会う前も、いろいろとヤバいことがあったので書いておきます。笑

私の両親は、毎年GWに夫婦2人で旅行しています。
その旅行の途中で、別居している私に必ず会おうとしてきます。

そのため、毎年GWが近づいてくると、私はゆううつでしかたがありません。

今回、「GW中に会おう」と毒親からメールが来たのは、3月上旬でした。
5月上旬のGWの予定にたいして、2か月も前からクギを刺してくるわけです。

「今年のGWはどうしようかな~♪」と、自分のペースで楽しい思いを巡らせるヒマもありません。

毎年GWに、断るのが面倒な予定をねじこまれる。苦痛です。
私には、せっかくの大型連休を好きなように過ごす自由はありません

ちなみに断るとどうなる?

ちなみに、過去1度、GWの予定を断ってみたことがあるのですが、地獄を見ました。

前日まで遠出するから、その後会うのは疲れていてムリ。

友達と一緒に別の場所で遊びたいから。

などのように断ると、

納得できない。
親が「会いたい」と言ったら1番優先しろ。

とつっぱね返されました(意味不明です)。

仮に断れたとしても、後日また誘われるので、結局いつかは断れないときが来ます
後日また誘われるのを待ちかまえるくらいなら、さっさと会うのを終わらせたほうがいいです。

しかも、断った数日後には、

この前アンタに断られたときのことが、まだモヤモヤする。

と、さも悲しそうな親から電話がきました。笑

私に言われても困るわ!
こっちはアンタらにどれだけモヤモヤしてると思ってんの!
子供の私は、小さい頃から、そんなモヤモヤを自分の心の中だけで解決してきたんだぞ!

と率直に思いました。
まあ、「私ができることは親もできなきゃ」とは思いませんが…。

さらに、毒父はキチキチッと旅行計画を立てるタイプなので、その綿密な旅行計画に変更が生じるとフキゲンになります。
どうやら、父がフキゲンになると、母もそれがイヤでフキゲンに…というスパイラルにおちいっているようでした。

まあ、なんにせよ断れないわけです。

断れないので落ちこむ

今回のように、断った後で、親から「あなたに食事の誘いを断られて腹の虫がおさまりません」という電話をかけられるくらいなら、黙って数時間会うほうがラクだと思ったので、しかたなく会いました。

また、金銭的に両親を頼ってしまったせいで、よけいに食事の誘いを断れない自分への腹立たしさや情けなさで、3月からGWまで、ずっと気分が優れませんでした。
そんなどうしようもない自分が、いっそ気持ち悪くさえ思えました。

なるべく他のことを考えようとしても、鬱々とした気持ちから逃れられません。

どうして私は、お金のことで両親を頼ってしまったんだ…情けない…。
あんなにキライな人たちにでも頼らないと生きていけない自分が、いっそ憎い。

と、ひたすら自己嫌悪におちいってしまいました。

結局、遊び盛りな20代のあいだ、ほとんど好きなようにGWをすごせていません
くやしさを通り越して、虚しさと悲しさでいっぱいです。

軍隊の招集命令メールが…

そして、今年の両親の誘い方は、またどうツッこんでいいかわからない代物でした。

「5月X日のXX時、○○で集合」

誘い(とすらもはや呼べない)のメールに書かれていたのは、これだけです。

「○○で会いたいんだけど予定空いてる?」みたいに聞こうともしません。
子供の予定は完全無視です。まるで招集命令です。笑

もちろん、このメールに難癖をつけたら面倒なことになります。
「自分の親は毒親だ」と痛感するメールでした。

【当日】表面上は優しいが、相変わらず子供に気を遣わせる両親

では、いよいよ、食事に行った当日のことをレポートします。

両親の顔を見てもまったく笑顔が出てこない

当日は、私の家から電車で約1時間かかるところを待ちあわせ場所に指定されました。
両親が、旅行の過程で行く場所です。

ほぼ強制的に呼びだされたあげく、こっちが集合場所の都合を合わせられるなんて…。

と、相変わらずモヤっとします。

そして、両親と対面。

開口一番、

会いたかったよ~!会えてうれしいよ~!

と笑顔でいった両親。
ムリヤリ軍隊みたいに招集しておいてよくいうわ…笑

普通なら「言われてうれしい言葉」のはずが、ひねくれきった私には、「ほら、私たちは子供に会えるとこんなに喜ぶんだから、やっぱり会わなきゃいけないでしょ?」と言われているように聞こえてしまいます。

後で「無愛想だ」と怒られるかもしれないと思っていても、どうしても笑顔が出てきませんでした。

食事中に毒親モード!

出会ってすぐ、両親と食事することになりました。
両親は、食事代はいつも親持ちで払ってくれます。

ただ、私が希望したメニューが売り切れだったとき、父は、私に聞かず、勝手に別のメニューを注文してしまいました。おい!笑

毒母が「フキゲン監視モード」に!

さて、そんな食事中、私が毒親にモヤモヤしてしまうのはお酒のことです。

母は、昔、酔っぱらった人にイヤな思いをさせられたらしく、そのせいでお酒にトラウマがあるようです。
そのため、私がお酒を飲むと母はイライラしはじめ、必ず早く切り上げさせようとしてきます。

一方で私は、お酒に強く、しかも大好きで、「あれだけ飲んだのにシャキシャキ歩いているね」と何度も言われていますし、自分でも節度を守って楽しんでいる自信があります。
今まで、酔って暴れたり怒鳴ったりしたことなどはいっさいありません。

というか、シラフの母のほうがよっぽど暴れてるし怒鳴っています。笑

当日、私は迷わず「自分が飲みたかったから」という理由でお酒を飲みました。
しかし母は、私がグラスを持つたびにチラチラと監視し、「早く終われ」とばかりに冷水を押しつけてきます

本当によけいなお世話です。

毒親って、基本的に子供の意志なんて考えないんです。

母が、私にお酒を飲ませないようふるまうので、私は、大好きなお酒を心から楽しむことができません
毒母にギラギラと目線を向けられながらじゃないと好きなものを口にすることもできないのは、死ぬほどゆううつです。

「お酒」のことを通して、毒母は、子供の意志を無視して子供の好きなものを奪うということを再認識しました。
まあ、確かにお酒のことなので、まったく心配しない母親もどうかとは思いますが…。

毒父は、自分の気がすむまで娘に食事を強要!

一方、毒父は、私の好物をどんどん押しつけてきます。
「アレ食べたいだろ」「これ好きだろ」という感じで。

好物をすすめてくれるだけなら嬉しいのですが、私の父は、

もうお腹いっぱい。

今は別のを食べたい気分。

などのように私が拒否すると、なぜかとたんに不機嫌になります

遠慮はいらない。

あっそ、食べないの。

と、冷たい顔と声で言ってきます。
いや、セリフだけだといまいち伝わりづらいかもしれませんが、ホントにゴミを見るような無表情で私を見ながら言ってくるんです。

私だって好きなものは食べたいですが、その場の気分や、食べられる限界はあります。
というか、こんなことわざわざ書く必要もないと思いますが、父にはそれがわからないようです。

  • もっとお酒をマイペースに楽しく味わいたいのに、母がうっとうしいから純粋に楽しめない
  • お腹がいっぱいのときに父から好物をすすめられたら、どうやって断れば父のキゲンを損ねずにすむだろう

などと気を遣いながら食事するので、そりゃあもう疲れます。

「私のいうことを聞いたね」と母に喜ばれてプチ爆発

以前、私は、どうしてもやる気がわかなくてすっぴんで両親に会ったのですが、その後、

親の前では化粧して、充実しているようにふるまえ。

と母に怒られたことがあります。
うーん(接客業じゃあるまいし…)。笑

ただ、今回はたまたま化粧していました。

そのため、食事が終わって歩いている途中、

今日は化粧してきたね!
前、しろって私、言ったもんね!

と母から嬉しそうに言われ…。
ついつい、

母さんに言われたからじゃないっつの。

とクギを刺してしまいました。

特に反撃されることもありませんでしたが、「そうそう、どんな理由でもイイからしなさい!」的なことを言われました。
結果が思いどおりにコントロールできればそれでいいんだ…

「いやいや、化粧くらいマナーでしょ?」と考えてるのかと思いきや、母は、生まれてこのかたすっぴんを貫く私の妹(成人)には何も言いません。
母は、昔から完全に私の容姿を見下しているので、「そんなルックスなんだから化粧しろや」と暗に思ってるのかもしれません。笑

幸い、両親は、帰りの電車の時間があったので、ダラダラせずにサッと帰ってくれました。
会ってから帰るまでの約2時間、ゆううつな移動時間も含めて約3時間、異様に長く感じました。

【その後】今のところは静穏

こうして不自由なGWが終わったわけですが、今のところは、特に毒親から文句を言われていません。

結局、お金に困って毒親に頼ってしまった私のせいでこうなったのですから、あまり両親のことを悪く言うのはよくないということは、イヤというほどわかっています。

でも、会ったり頼ったりするとつらくなる両親というのは、やっぱり普通ではないと思ったので、こうしてバトル(?)のあらましを書いておきました。

もう、GWの宣伝やチラシを見るたびにお腹がキリキリして悲しくなるのはイヤです。
子供の頃は大好きだったGWをキライになるのもイヤです。

100%私事の記事でしたが、ここまで読んでいただきありがとうございました。

ちなみにこの後、私は両親と絶縁状態になれたので、今では、自分が思いえがいたとおりの自由で楽しいGWをすごしています。
もう最高です。一生この自由を満喫していこうと思います。笑

コメント