Webライターは完全に在宅でできるのか?

在宅Webライターの始め方

Webライターって、完全に在宅でできるの?

Webライターは、月1の出社が必要なケースもあるって聞いた。
完全在宅じゃないと困るんだけどな…。

と疑問に思っている方のための記事です。

では、Webライターの仕事環境について、現役Webライターがありのままにご紹介します。

スポンサーリンク

Webライティングは基本的に「在宅ワーク」

Webライティングは、いわゆる在宅ワークというやつで、受注から納品まで、完全に自宅で仕事が完結します

ただし、クライアント様によっては、Skype面談出社をご希望の方もいるので、お仕事を受ける前によく確認してください。

私は、「メールやチャット以上のやりとりはしたくない派」なので、クライアント様がどのようなコミュニケーションを希望しているのか、必ず事前に確認しています。

事前に確認さえすれば、完全に在宅ワークとしてWebライティングすることが可能です。私も、今までクライアント様とメールやチャット以上のやりとりをしたことがありません。

案件が「完全在宅」かどうか確認する方法

クラウドソーシングサイトや企業の募集であれば、出社などが必要かどうかは、募集要件に明記されていることが多いです。

ただし、たまにそのあたりのことを書いていないクライアント様もいます。
その場合は、遠慮なく「ご希望のコミュニケーション方法」について質問してみましょう。

  • 個人的な事情があって、在宅でしか作業できない
  • 出社・打ち合わせなどを希望するか?
  • 出社などが必要な場合は対応できないかもしれない

などのような内容をメールやチャットに記載すれば問題ありません。

完全に在宅でできないWebライティングの例

Webライティングはまぎれもなく在宅ワークに含まれるのですが、まれに、出社や打ち合わせが必要なケースも存在します。

以下のような場合は、完全に在宅でできないこともあるので気をつけてください。

【例1】企業が直接募集しているWebライター

企業が募集しているWebライターは、正社員やバイトという形で雇われた場合、基本的に出社が必要です。

現状では、あまり正社員としてWebライターを雇ってくれる企業はみかけませんが、まれに、時給制のバイトとしてWebライターを雇っている企業もあります。

【例2】「在宅フリーランス」でも出社が必要なケース

仮に在宅フリーランスという形で募集していても、企業によっては、「月1の出社」などの条件をつけていることもあるので注意が必要です。

また、

完全在宅。ただし、都内にお住まいの方は、弊社にて月1の打ち合わせを希望

という条件を掲げているところもあります。

完全に在宅を希望する方は、募集要項をきちんと読んで、「出社や打ち合わせが必要かどうか」を確認しましょう

もちろん、完全に在宅でできるWebライティングのお仕事もたくさんあります。

まとめ:Webライティングは基本的に「在宅ワーク」

在宅ワークでWebライティングを始めたいという方には、きっとさまざまな事情があることでしょう。

クライアント様がどのようなコミュニケーションを希望しているのかさえ確認してしまえば、あとは完全に在宅でお仕事することができます。

募集要項に書いてある場合が多いので、あまり心配しすぎないでくださいね。

スポンサーリンク

コメント