エックスサーバーでWordPressをインストールする手順

wordpressブログ作成

サーバーを借り、ドメインを取得したら、後は、WordPress(ワードプレス)を用意すればブログを作成できます。

ちなみに、サーバーをまだ借りていない方は、下記の記事を参考にしてください。

ドメインをまだ取得していない方は、下記の記事を参考にしてください。

スポンサーリンク

WordPress(ワードプレス)とは

WordPressとは、カンタンに言えば、素人でもラクにブログを作成できるツールキットのことです。

WordPressを用意(インストール)しないと、一からブログを作成しなければならず、とても素人にはブログ作成なんてできないからです。
よって、サーバーとドメインの契約が終わったら、必ずWordPressをインストールしてください。

WordPressは、自分が契約したサーバーにインストールします。

WordPressのインストール手順

では、WordPressのインストール方法についてご説明していきます。

ここでは、エックスサーバーでサーバーを借りたときのWordPressのインストール方法について解説します。

【手順1】サーバーパネルにログインする

まず、エックスサーバーのサーバーパネルにログインします。

サーバーパネルとは、サーバーの状態をあれこれ設定するためのページです。
賃貸に例えるなら、部屋のインテリアや清掃状態などを決めるところです。

エックスサーバーにはインフォパネルというものもありますが、こちらはサーバーの契約状態を確認するパネルです。賃貸でいう賃貸契約書の内容です。
インフォパネルは、サーバーパネルとIDもパスワードも違うので注意してください。

【手順2】「WordPress簡単インストール」を開く

サーバーパネルから、WordPress簡単インストールを開きます。

WordPress簡単インストール

WordPress簡単インストールを開いたら、WordPressをインストールしたいドメイン名をクリックし、「WordPressインストール」タブをクリックします。

ドメイン選択

【手順3】必要項目を入力する

必要項目を入力します。

入力

いくつか悩みそうな箇所をピックアップしながら解説しますね。

インストールURL

初めてWordPressをインストールするのであれば、空欄にはなにも書かなくてかまいません。

ブログ名

好きなものにしてOKです。
後から、いくらでも変更できます。

ユーザ名

WordPressにログインするときに必要なユーザ名です。
後から変更するのは手間がかかるので、あまりにもヘンな名前はつけないようにしましょう
また、「admin」「ユーザ」など、他人から推測されやすいユーザ名は避けてください。

パスワード

WordPressにログインするときに必要なパスワードです。
なるべく推測されにくいものを使用してください。

メールアドレス

WordPressに関するお知らせなどを受け取りたいメールアドレスを記載してください。

キャッシュ自動削除

ONのままでかまいません。

データベース

「自動でデータベースを作成する」のままでかまいません。

【手順4】確認画面に進み、実際にWordPressにログインする

入力が終わったら、確認画面に進み、特に問題なければそれで終わりです。
WordPressのインストールが無事に終わったと思います。お疲れさまでした。

後は、最後に出てきた画面に記載されたログインURLから、実際にWordPressにログインしてみてください。

ログインの際は、ログイン用のページをブックマークしておいてください。
ブックマークしておけば、次回から、わざわざサーバーパネルを開かなくても、ブックマークしたページから直接ログインできます。

まとめ:簡単にサイトを作るために、WordPressをインストールする

WordPressをインストールするには、まずエックスサーバーのサーバーパネルにログインし、

  1. WordPress簡単インストールを開く
  2. WordPressをインストールしたいドメインを選択する
  3. WordPressインストールのタブから必要項目を入力する
  4. ログイン用URLから、WordPressにログインする

という手順でインストールします。

WordPressをインストールしたら、ログイン用ページをブックマークすることを忘れないでください。

これで、やっと記事が書けるようになりました。

スポンサーリンク

コメント