運営者のプロフィール

Annaの自己紹介

プロフィールをご覧いただきありがとうございます。
はじめまして、Annaと申します。

私は毒親育ちで、自分で自分が気の毒になるくらい臆病だったのですが、ヒステリックで怒鳴りグセのある毒親との絶縁に成功しました

今では、在宅Webライティングの仕事とバイトでお金を稼ぎ、気の合う妹と2人でのんびり暮らしています。

毒親から経済的・精神的に離れて自由に生活できるようになるまで、私は、

  • 毒親
  • 大学中退
  • 無職
  • 抑うつ

など、さまざまな困難に直面してきました。

家庭でのびのびとまっすぐに人格形成できず、心安らぐ愛とは無縁で、学校や仕事場の人間関係につまずいてきた私が、どうやって今の環境に至ったのか。

少し気恥ずかしくはありますが、私の経歴話が皆さんの勇気に繋がればと思うので、よろしければ少しだけお付き合いください。

家庭環境

私は、18歳まで以下のような家庭環境で暮らしていました。

全体的に家族の悪口みたいになってしまって申し訳ないのですが、毒親家庭の一例として参考になれば幸いです。

実父:自営業

家族が自分の意見を快く受け入れないと、すぐにキレる。

「娘は自分より若いし成功していないから、娘の考えは受け入れるに値しない」と考えているので、都合が悪くなると娘の考えをバカにして否定する

一家の大黒柱で社会的地位も高く、家族は父に抗議しづらい。

実母:専業主婦

すぐにヒステリーを起こす。

嫁姑問題のせいで祖母とは犬猿の仲であり、祖母のことについてしょっちゅう娘に愚痴をこぼす。
何でも母の味方をしないと(母と同じように考えないと)怒鳴られる

娘が自分のいうことを聞くまで「○○しなさい!」「○○って考えなさい!」などのように叫び続け、「はい」と言うまで娘を家中追いかけてくる。

実祖父:自営業

婦人科の病気で結婚をあきらめた部下の女性に対し「もうお前は女じゃねぇな」と発言するなど、かなり無神経な面がある。

「オレは正直だからなんでも気兼ねなく言うんだ!」という主張を振りかざして無神経な発言をくり返すが、自分に都合が悪いことは正直に言わない。

継祖母:専業主婦

ドラマに出てくるような典型的鬼姑。
母を目の敵にしており、孫の私に堂々と母の文句を言ってくる。

祖母に味方しないと、家の中で兄弟間差別・いびり・行動制限・理不尽な要求などを度々くり返されるのでリラックスできない

自分にしたがう子を「大事な子」と言い、反発する子には「クソガキ」と陰口をたたく。

妹(理解者)

不機嫌になりやすく傷つきやすいときもあるが、こちらの気持ちを伝えれば耳を傾けてくれる。
他人の価値観を尊重する。


もし、内容を見て傷ついた方がいたら大変申し訳ありません。
どうしようもない家族が気分次第で言ったことなので、できることなら気にしないでいただければと思います。

大げさでもなんでもなく、私の家はパワハラ上司・ヒステリー女子・セクハラ上司・いじめっ子が同居して家を支配しているような状態でした。笑

このようなギスギスした家庭環境でも、学生の頃は、

「うちは普通にご飯がもらえて(身体的な)虐待もないし、すばらしい家庭だなあ」

と思いこんで疑いませんでした。

大学時代、セルフネグレクト状態になり休学→無職に

大学時代、上京して実家から離れると、

  • 家族が不機嫌そうだったら、自分の考えを変える
  • 家族の顔色をうかがって1日の過ごし方を決める
  • 家族がドスドスと足音を立てたら、仕事を手伝う

などせず済むようになったので、「今までの家庭環境は煩わしかったんだな」とぼんやり認識し始めました。

しかし私は、そのように家族への違和感を覚えても、

「こんなの普通のことだ」
「家族のことを悪く思うのは、私が未熟で弱いからだ」

と自分に言い聞かせ続けてしまったのです。

 

その結果、ある日突然、抑うつ状態になって一歩も動けなくなりました

 

ベッドで仰向けになったまま動けず、なぜか涙が出て、どうしても生きる気力がわいてきませんでした。
あの頃の私は、いわゆるセルフネグレクト状態に近かったです。

情けない話ですが、私は親に合わせて自分の感情を偽り続けてきたので、自分がどうして抑うつ状態になったのかすらまともに認識できませんでした。
当然、学校にも行けず、ほぼ寝たきりの日々が過ぎていきました。

 

そんなある日、大学から両親に連絡がいき、ついに私の無断休学が両親にバレてしまいました。

当然、両親から電話が来ました。
母は電話口で怒り狂って叫んでいたのですが、父は「オレはお前の味方だ」と言ってくれたのを覚えています。

しかし、今まで「愛情が薄い」と思っていた父を見つめ直したのもつかの間。

後日、母親がまた電話してきて、

「お父さんはね、あの後アンタのことを”もうオレの娘じゃない!”って言ったのよ」

と暴露しました。
母は涙声で絶望しながら言っていたので、ウソではないと思います。

「ああ、私は順風満帆に生きていないと”実の娘”だと思ってもらえないんだ。お父さんも、口では味方だって言っていたのに…」と、何が何だかワケが分からなくなりました。

 

小学生の頃から常に「生きるのに疲れた」という感覚があり、

家族との信頼関係を知らず、

他人とも信頼関係を築けず、

拒絶されることにただ怯えて周りに合わせようとする息苦しさを経験し、

克服できないまま私は「いいトシの大人」になってしまいました。

 

その後、大学を中退して無職になったときは、親への罪悪感→違和感→罪悪感…という「感情のループ地獄」にはまりました。

「生活させてもらっている」という強烈な罪悪感から、たった120円のコーヒーを1杯買うだけでもお腹が痛み、無職の情けない自分を責める気持ちが襲ってくるのです。

しかし一方で、「アンタは情けない」「バイトを始めたとしても、正社員以外は仕事だと認めない」などのように連呼する親に、相変わらず違和感を抱いていました。

ただ、親への違和感を感じるたびに、「私は甘い。生活させてもらっているのに、親を悪く思うなんて…」と、強烈な罪悪感にもさいなまれました。

そして、自責の念、強い罪悪感、親への違和感の板ばさみになり、私はとうとう「親を殺すか自分が死ぬしかない」というところまで自身を追いつめました。

そのとき、

「親を殺したくなるか自分が死にたくなるなんて、やっぱり私の家はおかしいのかも」

と、改めてようやく気がついたのです。
あのとき少しでも「おかしいかも」と疑わなければ、今頃私は、(冗談抜きに)あの世か刑務所にいたかもしれません。

カウンセラーさんに会い、毒親から解放される方法を知る

その後、私は「このままではイヤだ」「死ぬ前に自由に生きてみたい」などの強い思いから、少しずつ、もがくように行動し始めました。

私は、小さい頃から大の仲良しだった実の妹と協力し、バイトや在宅仕事を始めて2人暮らしするようになりました。

そして、ネット検索で「毒親」という言葉を知り、わずかな貯金をはたいて毒親専門のカウンセラーさんを探して通いました。

その中で、とても実用的なアドバイスをくれるカウンセラーさんに出会い、話しているうちに、今まで私が親に感じていた嫌悪感や罪悪感がだんだんと薄れていきました。
また、お金をかけて育ててもらったからといって親に罪悪感を抱かなくてもよいことや、親の考えや意見に合わせないほうがよいことなどを知りました。

そして何より、カウンセラーさんからお話を聞いたおかげで、私は今まで両親から、普通の家庭で育てば一生負うことのない傷をつけられてきたのだと知りました。

「あなたが今まで感じてきた人間関係の息苦しさ、自己肯定感の低さ、生きづらさなどは、毒親家庭で育った人でなければ決して感じないものだ」と言われたときは、ショックで呆然としました。

 

毒親の家庭にさえ生まれなければ、

他人の顔色をビクビク必死に伺うこともなく、

人の好意や愛情をいちいち疑うこともなく、

物心ついたころから「死にたい」なんて思うこともなく、

つらくて怖くて不安なときでも、泣き言を言って親の機嫌を損ねないように、まだランドセルをしょってる時代からずっと親に気を遣ってニコニコ笑うこともしなくてよかったのです。

 

私にとって、上記のような状態は、呼吸するのと同じくらい自然で当たり前のことでした。
「普通の家庭で育った方はめったにそういう状態にならない」とカウンセラーさんに教わったときの衝撃は、おそらく一生忘れないでしょう。

カウンセリングの結果、私は、「今まで感じてきた生きづらさなどをなくすためには、まず毒親との接触を絶たなければならない」と強く思ったのを覚えています。

また毒親のことを我慢すれば、無職時代に導いた「自分が死ぬか親を殺すかしかない」という結論に至ってしまうことがわかっていたので、私は、勇気を出して毒親と絶縁することにしました。

不安と戦いながら毒親との絶縁を実行

毒親と絶縁すると決心しても、まったく迷いがなかったわけではありません。
そもそも迷いがなかったら、とっくに絶縁しているはずです。

私がここまで親と絶縁しようと思わなかったのは、以下3つの理由がありました。

  • 毒親と真正面から対決するのが泣くほど怖いから
  • 私の収入が低く不安定なので、もし大きな病気にかかったりしたら、経済的に頼れる親がいなくなるから
  • 毒親とはいえ、定年間際の年老いた親に精神的な負担をかけるのが申し訳ないから

「自立できない娘の甘えた考え」だと自分を責めつつも、私は、「毒親の年1回の押しかけと月1~2回の人格否定メールさえ我慢すれば、いつもの日常が送れる」という、一見ラクな道を選び続けてきました。

ひとたび「絶縁」という道を歩み始めれば、その道の先には何があるのかまったく分からず、毒親とどんな戦いがくり広げられるのかも未知数で不安だったから、毒親に我慢する「いつもの道」を歩み続けてきたのです。

しかし、カウンセラーさんとお話したことをきっかけに、妹に勇気づけられながら、私はついに絶縁を実行することにしました。

絶縁は、どうしても毒親と真正面から対決しなければならず、穏やかに親子関係が終わるということはまずありえません。
それを承知で、私は、毒親に「絶縁したい」という手紙を書きました。

もちろん、手紙を受け取った両親からは電話やメールで怒鳴り散らされる、「ひどい人間」だと叫ばれるなど、約2か月におよんで、情緒不安定になった両親から何度も攻撃を受けました。

そのたびに心が折れて、絶縁に挑戦したことを何度も後悔しそうになりましたが、妹が何度も励まして一緒に戦ってくれたおかげで、私はついに絶縁に成功しました。

現在

絶縁に挑戦し、毒親の猛攻撃に対処していた私の精神はいつもヘトヘトでしたが、それでも「もう後には引けない」と思い、毒親からの電話やメールへ果敢に対処し続けました。

その途中、親から受けた猛攻による精神的なダメージやストレスに加え、Webライティングの取引先が急に事業をたたんで収入が激減する、という痛恨のパンチまで食らいました。

また、これからは誰にも頼れないという「天涯孤独感」を味わい、お金、健康、将来、住居などさまざまな不安に襲われ、心の余裕がなくなっていきました。

 

そして、絶縁宣言から2か月経ち、毒親からの攻撃が少なくなってきたある日。
朝起きると、毒親から手紙が届いていました。

その手紙にはなんと、

「今までごめんなさい。これからは自由に生きてください。応援しています」

と書かれていました。

その手紙を読んだとき、窓から漏れる朝の光がなぜかいつもよりまぶしくて、キレイで、私は、妹と2人でぼーっと窓の外を眺めながら手紙を読みました。

私はついに、絶縁に成功したのです。

free

それからというもの、毒親が私たち姉妹に連絡をとってくることは一切なくなりました。

「夜明けが来た」という感じがして、相変わらず将来への不安はあったものの、それ以上に「なんとか生きていける!」と希望があふれてきました。
そこから、実際に私と妹は仕事やバイトを増やしたりして、取引先を失ったぶんの損失を補填し、何とか生活資金を確保できるくらい元気を取り戻しました。

 

私は今、「自分の人生を誰にも邪魔されず、自分自身で好きにする」という実感を味わっています。

毒親とは連絡をとらなくてよくなったので、これ以上、人格や人生を否定されることもありません。

もう、親から「実家に住め」「○○の仕事をやれ」と言われることもなく、好きな場所で、好きに生きることができます。

親の顔色を伺って起床時間や予定を決めることなく、「眠いし動きたくないから10時に起きよう」「今日は疲れたから誰にも会いたくない」という感じで生活できます。

もし今後毒親から「会おう」と誘われても、「断る方法」を知ったので、親の予定に黙ってしたがうことはありません。

また、「親からの自由」を体験することで自分に余裕が出てくると、周囲の人の些細な行動や言動にイライラ・ビクビクせず優しくなれるので、人間関係が改善してストレスが溜まりにくくなります。

「ストレスフリーで心安らかな人間関係」は、毒親育ちの誰もが手にしたいと思っているのではないでしょうか。

毒親という人生でもっとも厄介で離れにくい相手と距離を置く術を身につけたので、私はもう、自分が一緒にいたくない人に振り回されることはないでしょう。

「毒親から解放され、自分軸で生きられる未来」を一緒に目指したい

私は、当ブログを公開することで、

「毒親と絶縁したいけど、1人では勇気が出ない…」
「毒親と離れたいけど、これからのことを考えると、どうしても関係を切れない」
「毒親と適切な距離を置きたいけど、どうやったらいいの?」

という方と一緒に、毒親からの自由を手に入れるお手伝いができたらと思います。

私は、毒親の支配から抜け出すために四苦八苦し、現在までに20万円を超えるお金と10年の歳月を費やしました。
その過程で得た、毒親から抜け出すためのありとあらゆる情報をみなさんにご提供していきたいと思います。

 

私は、本来ならリラックスできるはずの家庭で、奴隷のように自分を押し殺しながらビクビクご機嫌取りして過ごす苦しさを知っています。

一方で、家族を悪く思うことで、強烈な罪悪感にさいなまれた経験もあります。

そのような苦しみから完全に脱出するためには、やはり毒親と対決する勇気が必要です。

その勇気があれば、最終的には親の顔色や意見を気にせず、自分が心地よいと思える人間関係だけを選んで生きていくことができます

 

最後に…。

私は毒親家庭で育ったので、

「家族はすばらしいものだ!」
「親は苦労して自分を育ててくれたんだから大事にしよう」
「親にはお金をかけてもらったんだから感謝しよう」

という世間の通念はひとまず置いておいて、毒親育ちに100%味方したいと思っています。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

Anna