「子供のため」は毒親の罠 子供が親に望むたった1つのこと

「子供のため」は毒親の卑怯な罠毒親育ちの生きづらさ解消術

毒親に言いたいことがあっても、「あなたのためよ!」って言われちゃうと反論できない。
でも、毒親の言うことに100%納得できるわけでもないし…。

毒親に「〇〇しないで」って言ったら、「アンタが心配だからやるんだよ」って返された。
私は、親心がわからないワガママな子なのかな…。

毒親育ちの方は、毒親に反論したとき、「あなたのためよ!」と言い返されたことはありませんか?
きっと身に覚えがあるんじゃないかなと思います。

「子供のため」という言葉を使う親は、強い言い方で申し訳ありませんが、卑怯な親です。
私はそう考えています。

今日の記事は、毒親育ちはもちろん、これから子育てする方にもぜひご覧いただけたら嬉しいです。

スポンサーリンク

「子供のため」と発言する毒親が卑怯な理由

毒親育ちには共感していただけるでしょうか。
毒親はほぼ100%、

あなたのためよ!

ひどいと思うかもしれないけど、あなたのためを思って言っているのよ!

という言葉を使うんじゃないかなと思います。

私も、親から「子供のため」と言われてモヤモヤしつつも、

まあ、私のためなら…。

それが「親」ってものだろうし…。

と一時的に納得し、それ以上反論できず、親の言うことに従うしかありませんでした。

でも、この「子供のため」という言葉は、毒親の罠です。
もしかしたら、刷り込みに近いかもしれません。

もちろん、毒親自身も、子供を罠にはめようとして言っているわけではなく、本心のつもりで「子供のためを思って…」って言っているんだと思います。

しかし毒親は、同時に、

子供のためって言えば、子供は納得せざるを得ない(=私に従う)だろう…!

私は子供のためを思って言っているんだから、多少厳しくなってもしかたないんだ!

と無意識下で考え、自分のひどい発言や理不尽な命令を正当化していることが多いです。

「子供のため」と言う親は、一見、すばらしい親であるかのように見えますが…。
そんな親がどうして卑怯なのか、もう少し詳しく理由をお話しますね。

毒親の「子供のため」は、100%「自分のため」

毒親の「子供のため」という言葉は、絶対に当てになりません
そもそも、毒親に限らず、「あなたのため」なんて言う人間の言葉は、絶対真に受ける必要はありません。

なぜなら、「あなたのため」という前置きをつけて放たれる発言は、まぎれもなく発言した本人のためだからです。
たとえ、言った本人が自覚していなくても「自分のため」です。私はそう思っています。

乱暴に断定的なことばかり書いてすみません。
でも、どうして私がここまで強く言うのかというと…。

「子供のため」という言葉には、親が子供にしかけていいとは思えない卑怯な罠が仕込まれているからです。

「あなたのため」という言葉は、その言葉を拒否した相手を必ず悪者にします。

親の「子供のためを思って」という言葉を拒否したら、子供は「親の好意を踏みにじる親不孝な子」だと悪者扱いされるようになっています。

よって、毒親の「子供のため」という言葉は、子供の反論や拒否を完全に封じるために使われます。

だから、本当は「子供のため」ではなく「自分のため」なのです。
相手の反論や拒否を封じるのは、まぎれもなく自分のための行為に他なりません。

タチの悪いことに、毒親本人もそのことに気づかず言っている場合が多いです(というか、そこまで計算して言っている親がいたらちょっと怖いです…笑)。
もちろん、気づいていないからいいというワケではありません。

「子供のため」で毒親は反論を封じることができる

さらに、「子供のため」と言えば、毒親は子供の反論をどこまでも封じることができます。

例えば、子供が

いくら「私のため」でもイヤだ!

と毒親に抗議したところで、毒親は、

アンタは親になったことがないから分からないんだよ…。

と、さも悲しそうに非難するだけで、子供の反論を無限に封じることができてしまいます。
だって、親になってないなら反論しようがありませんからね。

仮に、子供側がすでに結婚していて親になっている場合でも、

まだそこまで子供が大きくなってないから、アンタには分からないんだよ…。

と、同じように言われるだけです。

「親になれば分かる?じゃあ、なんで親も子供だった頃があるのに、子供の気持ちが分からないんだよ」というツッコミは置いておきます。笑

毒親に「あなたのためだ」と言われ続けると、やがて子供は、

親は、私のことを思って厳しくしているんだからしかたない…。

と錯覚し、自分が毒親からひどいことをされている事実にすら気がつけなくなります
これを、刷り込みと言わずしてなんというんでしょう。笑

毒親は、いくら子供がイヤがろうと拒否しようと、子供の気持ちには一切目を向けてくれないんです。

子供が親に望むたった1つのこと

「子供のため」を思って何かをしてほしいわけじゃない。
だったら、子供は親にどうしてほしいのか?

親が子供のためを思って何かするのは決して悪いことではありませんし、私もその愛情を否定しません。
でも、子供が親に1番望んでいるのは、子供のためを思って何かしてくれることじゃないんです。

その一方で、「子供が親に1番望んでいるものは何か」と考えたり言ったりする子供はまれだと思うので、子供が真に望むものに気がつかない親御さんは多いと思います。

この望みが叶えられなければ、子供の人生は地獄になる

もちろん、ここでいう「子供が真に望むこと」は、

「アイス買って」
「遊園地に行きたい」

なんていう日常的な望みとはちがいます。
「この望みが叶えられなければ、地獄の中で生きるのと同じ」くらいの望みです。

根本的に、子供が望む親というのは、たった1つです。

子供がドン底に落ちないように立ち回る親ではなく、ドン底に落ちても味方でいてくれる親です

たったこれだけです。

たとえ口に出せなくても、うまく表現できなくても、きっと子供が1番望んでいることはコレだと思います。

もちろん、全員が全員そうだとは言いません。
でも、こんな親を持てた子供が幸せになれるのは間違いないと思います。

口先だけの「味方」にならないで

ただし、厳しい言い方で申し訳ありませんが、口先だけ「味方」では、子供は余計につらくなります
口先だけ味方の親を持った子供は、ヘタすると、ドン底に落ちてから立ち直るまで何十年もかかるかもしれません。

私の体験談で恐縮ですが、私の両親も、

何があっても味方だからね。

といつも言っていました。
だから私も、昔は「両親は絶対的な味方だ」と信じていました。

でも、それはウソでした。
実際にドン底に落ちてみてようやく分かりました。

大学時代の私は、抑うつ状態になり、ベッドから起き上がることすらできなくなったので、病院にも学校にも行けなくなりました。
それでもなんとか自立しようと就活しましたが、満足に仕事がとれず、人生のドン底に落ちました。

父と母は、そんな私に「お前の味方だ」と言いつつも、冷たい目でこんな言葉を投げかけてきました。

ごめんね、ひどいこと言うね。
アンタの人生は、ハッキリ言ってヤバいよ。

私はアンタに○○という仕事をさせたい。
アンタの意志?そんなのもう関係ない。
だってアンタは失敗したじゃない。

こうやって何もしてないアンタにお金をあげてる親に、ちゃんと感謝してる?
感謝してるならいいけど。

仕事がうまくいかなくても、せめて親の前では「充実してます!」って感じにふるまってよ。

機嫌がいいときは「味方だ」なんて言っても、なかなか立ち直れずにもどかしい思いをしたり、疲れて休んだりしている私を見ると、両親はこのような言葉をかけてきました。

もちろん私は、金銭面で親に感謝しなかったことはありませんし、その気持ちもはっきりと親に伝えています。
人よりもお金をかけさせた自覚があるので、お金のことでは、両親に一生頭が上がりません。

そんな私でも、これらが味方のセリフだとはどうしても思えませんでした

第三者の他人や友人・知人ならともかく、最大の味方であるはずの親すらからこう言われるのは、とてもつらかったんです。

1度だけ、

私は確かにダメな子かもしれないけど、そんなひどい言い方しないで。

とささやかに抵抗したことがありますが、どんな言葉もすべて、

ひどいって言うけど、アンタのためを思って言ってるんだからね。

の一言で片づけられてしまったんです。

子供を叱咤激励したくなる気持ちは分かるけど…

もちろん、親だって、子供が苦しんでいる姿を長く見ているのは胸がつぶれるだろうとは思います。
ドン底にいる子供を見て、子供の将来が不安になることもあるでしょう。

だから、早く子供を立ち直らせようと思い、

あなたもつらいでしょ?
だから、あなたのために○○してあげる!

と、言動や行動で子供を叱咤激励したくなる気持ちもわかります。

でも、自分に人間的・社会的な価値を見出せなくなっているとき、本来なら味方であるはずの親から叱咤や非難の言葉を浴びせられるのは、たとえ自身や自分の能力に非があったとしても、自殺を思い描くほどつらいのです。

少なくとも私は、親に「非難せずに見守り、真の意味で味方でいてほしい」と思ったのは事実です。

ただ、私の場合は、たとえ毒親といえど相手に考えは強制したくなかったので、その考えを親に押しつけず、ただ親から離れました。

毒親に「子供のため」と言われたら

毒親の「子供のため」という言葉が真実かどうかは関係ありません。

自分が「イヤだ!」「おかしい!」「モヤッとする…」と少しでも感じたのなら、それが自分のすべてで、それ以上に価値あるものはありません

自分の気持ちを見失うと、毒親をはじめとした周囲の人からカンタンに支配されてしまいます。

もし、周りの人に、

子供のためを思う親の気持ちを無視するなんて、親不孝じゃない?

あなたのためなのよ!
人の善意を踏みにじるなんてひどい!

と批判されてどうしようもなくなったら、自分の気持ちを見失わないために、誰にも支配されないために、

悪いけど、私は「あなたのため」って言う人の言葉は受け入れないことにしてるんです。

とハッキリ宣言するのもアリだと思います。

もちろん、批判されないうちからこのように言うと角が立つ可能性大なので、あくまで「批判されて相手に従わされそうになったとき」の最終防衛策です。笑

そう宣言して相手に嫌われるか、角を立てず誰かに支配されるか。
どちらがいいかは自分次第です。

相手がそこまで支配的じゃなかったり、面と向かって言うとどうしても面倒なことになったりする場合は、「まあ参考にしておきます」とだけ言って、心の中で「受け入れる気はない」と思っていればそれでいいのではないでしょうか。

まとめ:毒親に「子供のため」と言われても受け入れないで

毒親の「子供のため」という言葉は、子供の反論を完全に封殺するための卑怯な言葉なので、受け入れなくてOKです。

なぜなら、「子供のため」という言葉は、その言葉を拒否した子供を必ず悪者にするからです。

もし「子供のため」と言われたら、「私はその言葉を受け入れない」とハッキリ宣言するか、心の中で「受け入れる気はない」と強く思っておいてください。
「子供のため」という言葉を受け入れていると、毒親からカンタンに支配されてしまいます。

「子供のためだ」と言われたことを拒否しても、親不孝な子や人の気持ちもわからない未熟者ではありませんので、心配しないでください。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
Anna

毒親育ちのAnnaです。

いわゆる「パワハラ上司」のような祖父母・両親のもとで育ち、その毒親たちの影響で人間関係に疲れ、抑うつ・無職などを経験しました。

今は、毒親との絶縁に成功し、バイトしながら在宅Webライターとして穏やかに暮らしています。

「甘え」「親不孝」など世間の厳しい言葉はとりあえず置いておいて、100%毒親育ちサイドに立って発信していきます。

おいしいおつまみと大好きなお酒さえあれば、その日あったイヤなことはたいていどうでもよくなる体質です。

詳しいプロフィールはこちら

【Webライティングの実績】
・大手生命保険メディア様にて多数記事掲載
・Fintech系サイト様にて記事を1カテゴリー全執筆
・「サグーワークス」様の合格率1%「プラチナライターテスト」に一発合格
・「Lancers」様にて、Webライティング開始後1か月で「認定ランサー」の資格を取得

Annaをフォローする
毒親育ちの生きづらさ解消術
Anna's Cup of Tea

コメント

  1. Annaさん このブログを作ってくださり、心から感謝致します。
    旦那と母親が毒親で…(毒親という事に最近気付きました…)、色々毒親サイトを見ていて、こちらにたどり着きました。
    どのサイトより分かりやすく優しく心に沁みました。 読むだけで癒されましたし、現実的にどうしたらいいのか…具体的な方法を教えて下さり、本当に感謝です。
    自分は毒親からやっと離れる事ができましたが、毒親の旦那から子供達を守りたい。
    その想いだけです。
    これからもずっと訪問させて頂くと思います。

    末長くどうぞ宜しくお願い致します。

    • コメントいただきありがとうございます。
      当ブログ管理人のAnnaです。

      もともとは自分の気持ちの整理のためにブログを立ち上げたとはいえ、
      毒親に関わるすべての方に癒されてほしいという思いもあったので、
      高橋さんのお言葉に感激しました。

      高橋さんは、お母様のみならず旦那様も毒親なのですね。
      本来好きになって結婚したはずの旦那様が毒親だったとお気づきになったときは、
      とてもショックを受けられたのではないかと推察します。

      私事ですが、私の場合は、母が
      「どんなに子供にひどいことを言おうと夫が1番で、夫の考えは正しい。夫の言葉で傷つく子供が弱いだけ」
      という思考回路に縛られていたので、
      「幼くても誰も助けてくれない」というどうしようもない状況で苦しい思いをしました。

      そのため、私の経験談からの意見で恐縮ですが、
      お子様を守りたいという気持ちが強い高橋さんがいてくれるので、
      高橋さんのお子様はきっと幸せだと思います。
      どうかご無理をなさらずに、これからも少しずつ頑張ってください。

      今後も緩やかですがブログを更新していきますので、こちらこそよろしくお願いいたします。

  2. annaさん、はじめまして。まず始めに、このサイトのおかげで踏ん張る事ができました。ありがとうございます。
    私は妻と4歳の娘がいます。親孝行の思いが強く、優しくしたいのですが、私の家庭にあまりにも踏み込んでくる場合は話し合うようにしています。が、毎回喧嘩になってしまいます。なぜだろう、なぜ話し合いすらまともにできないのだろう、と考え、annaさんの文章と同じような結論に辿り着きましたが、自分1人では確信が持てず、気持ちが揺らいで自分をひどく責めてしまってました。
    長くなってしまうので割愛しますが、annaさんのサイトのおかげで本当に救われました。何度もすみませんが、ありがとうございます。今後も参考にさせて頂きます。失礼致しました。