毒親を許さなくても幸せになれる方法

毒親を許さなくても自由になれる毒親からの精神的解放

「毒親のことを相談したら、『許しなさい』と言われて落ちこんでしまった」
「どうしても憎い相手が許せない」
「『許せない!』と思いながら相手のことを考える時間も苦痛だ」

昔、私がとある方に毒親のことを相談したとき、

「たとえお母様が憎くても、なるべく許すようにしましょう」

という主旨のアドバイスをもらい、面倒看ていただいた立場で恐縮ですが、ものすごく反発心を抱いた記憶があります。

毒親の支配から脱却した今でも、私は「毒親を許す必要はない」と思っています

今日の記事は、毒親を許したくないという方のお気持ちがラクになるような記事を書きます。
なるべく100%毒親育ちの心に寄り添って書いていますので、安心しながら読んでいただければ幸いです。

結論!毒親が許せないなら、許さなくてもいい

私は現在毒親と離れて暮らしていますが、毒親のことをいまだに許すつもりはありません。
今も、他人に「毒親を許せ」なんて言われたら、確実に反発するでしょう。笑

でも、心の不自由さは薄れていき、確実に快方に向かっています
そして、自分をより客観的に見ることができるようになってきています。

私は、学生時代が終わるまで、自分が異常な家庭で暮らしていると疑うこともできませんでした。
毒親の支配から抜け出せず、必死にもがいて心身共に調子を崩し、病院のお世話にもなりました。

でも、今では、毒親を許さなくても、このようなブログを書けるほどに自分の家庭環境を見つめ直すことができています

また、「毒親のどんなところがイヤで、私はどうしたかったのか」を自分で判断できるようになりました。
自分の親のどんなところがイヤかなんて自分で判断できて当たり前かもしれませんが、毒親育ちにとっては結構難しいこともあるんです。笑

よって、たとえ毒親が許せなくても、毒親育ちは、自分の状況を見つめ直してよりよい判断ができるようになるといえます。

それが毒親からの解放につながるのは言うまでもありませんよね。

「毒親が許せない」という気持ちを原動力にしてはいけない

「毒親を許せないなら許さなくていい」というのが、紛れもなく私の結論です。
自分の気持ちを無視し、苦々しい顔をしながらムリして毒親を許す必要なんてありません。

しかし、これだけはお伝えしておきたいと思います。

「毒親が許せない」という理由で行動を起こすと、自分が苦しむことになります

つまり、

「毒親が許せないから別居する」
「毒親が許せなくてイラつき、旦那に八つ当たりしてしまった」

などのように、「毒親が許せないから」という理由で何かしらの行動を起こしてはいけないということです。

「許せない」のを理由に行動すると、自分が苦しむ結果に

「許せない」という気持ちを原動力にすると、まず間違いなく、後から自分が苦しむことになります(理由は後ほど書きます)。

自分自身のためにも、「毒親が許せない」ことと、「毒親が許せないから○○する」ということは別だと考えたほうがいいと思っています。

「毒親を許したほうがいい」と言う方の中には、このような理由で「許せ」と言っている方もいるのかもしれません。

「毒親が許せない」のを理由に行動するとどうなる?

「毒親が許せない」という気持ちを原動力にしてはいけない、と私が主張する理由はいろいろあります。

  • 周りから理解を得られず、余計に苦しい思いをするから
  • 怒りにまかせると、大切な人を傷つけたり迷惑をかけたりするから
  • 毒親のことを考えなくてはならない時間が増えるから

だいたいこんな感じです。
でも、結局のところ、1番の理由はコレです。

「毒親が許せないから何かしら行動する」というのは、「毒親に支配されている」ことと同じだからです

「毒親が許せない」という理由で行動するのは、当然ですが「毒親」を理由にしているということですよね。
毒親を理由にするのは、毒親に影響されて自分の行動を決めているということなので、結局は毒親に行動を決めさせられているのと同じです。

それって悔しくないですか?私は悔しいです。

だから、毒親を許せなくてもかまわないけど、「毒親が許せないから○○する」というのはあまりよくないんじゃないかと考えています。

毒親をムリして許さず、毒親に支配もされない方法

hint

毒親を許さなくてもいいが、許せないことを理由に行動してはいけない。

「理想論だ。実際に実行するのは難しい」と考える方も多いでしょう。
私も、いまだに完璧にできているわけではありません。

しかし、毒親を理由に行動したせいで後悔するようなことをしたり、怒りによる八つ当たりで大切な方を失ったりしてからでは遅いですよね。

ここからは、なるべく上記の「理想論」を実践するためのテクニックについて書き出していきます。

毒親が許せない。だけどどうでもいい

毒親が許せないけど、許せないからといって、他人に八つ当たりしたり苦しい思いをしたりするのもダメ。
じゃあ、どうしたらいいのか。

私は、

「毒親は許せない。だけどどうでもいい」

というスタンスを提案します。

これなら、「毒親をムリに許さず、毒親に支配もされない」という考え方を1番体現できるのではないでしょうか。

ちなみに、「毒親が許せないから無視する」でも多少の効果はありますが、それはやっぱり「毒親が許せないから○○する」という状態なので、完全に支配から抜け出せているとは言い難いかもしれません。

「どうでもいい」が毒親育ちをラクにする

「許せない」という言葉からは、

  • だから怒る
  • だからいつも思い悩んでしまう

などの言葉を連想してしまいませんか?

言葉を連想するだけではなく、つい無意識に「だから怒る」、「だから悩む」などの言葉通りに行動してしまうのではないでしょうか。

そして、そんな自分がイヤになったり、毒親のことで最悪な気分になったまま過ごして余計に落ちこんだりすることはありませんか?
私はイヤというほど覚えがあります。笑

「許せない相手ではあるけど、毒親なんてどうでもいい」と思っているうちに、本当にどうでもよくなってきます。
そこから先は、けっこう楽な気持ちになれますよ。

「どうでもいい」と思えない方へ

「どうでもいい」と思うのが少し難しいという方は、

「許せないけど、毒親のためにイライラしてやる必要もない」
「”無視がお互いのためだ”と思ってやっているに過ぎない」

くらいに考えてもいいかもしれません。

まとめ:毒親は許せないけど、どうでもいい存在

無理に毒親を許す必要はありませんが、「毒親を許せないから〇〇する」というのはやめたほうがよさそうです。
何より自分が苦しい思いをしたり、大切な人が離れていくきっかけになったりするかもしれません。

毒親に心を支配されないためにも、「毒親は許せない。だけどどうでもいい」と思ってみてください。

自分の「許せない」という気持ちを我慢して押し込めず、かといって毒親に感情を支配されることもないようにできたらいいですよね。

ご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
Anna

毒親育ちで在宅WebライターのAnnaです。

いわゆる「パワハラ上司」のような祖父母・両親のもとで育ち、大人になっても人間関係をうまく築くことができず、抑うつ・無職などを経験しました。

今は、毒親との絶縁に成功し、バイトしながら在宅でWebライターとして穏やかに暮らしています。

「甘え」、「親不孝」など毒親育ちに対する世間の厳しい言葉をとりあえず置いておいて、100%毒親育ちサイドに立って発信していきます。

詳しいプロフィールはこちら

【Webライティングの実績】
・通算500件以上の記事を執筆
・大手生命保険メディア様にて多数記事掲載
・Fintech系サイト様にて記事を1カテゴリー全執筆
・「サグーワークス」様の合格率1%「プラチナライターテスト」に一発合格
・「Lancers」様にて、Webライティング開始後1か月で「認定ランサー」の資格を取得

Annaをフォローする
毒親からの精神的解放
Anna's Cup of Tea

コメント