毒親育ちはなんでも毒親のせいにして甘えてる?

毒親からの精神的解放

「親のことを相談すると、必ず『親のせいにして甘えてる』と非難される」
「毒親、毒親って言う人たちってさ、親に甘えてるだけだよね?」
「もういい大人なのに、自分の苦しさを親のせいにするのはちょっと…」

「毒親」という言葉がだんだん認知されてきた一方で、「なんでも親のせいにするのはどうなの?」と考える方も少なくありません。

毒親育ちは、本当に、なんでも毒親のせいにして甘えているだけなのか?
今日は、毒親育ちの「甘え」問題について切りこみます。

自分が「甘えているんじゃないか」と少しでも思ったことがある毒親育ちには、特にぜひ読んでいただきたいです。

「なんでも毒親のせいにして甘えている」かは人による

結論から先に言いますが、毒親育ちがなんでも親のせいにして甘えているという認識は、まったくの誤解です。

どちらかというと、何でも人のせいにして甘えているのは毒親のほうです。

毒親育ちのみなさんは、覚えがありますよね?

「私が不幸なのは、あなたたちのせいよ!」

「お前らみたいなガキがいるから、オレは今の仕事をやるしかねぇんだよ」

「アンタなんて産むんじゃなかった。アンタがいなければ私は自由なのに」

毒親は、いつも誰かのせいにして、自分の人生の責任を誰かに負わせようとしていませんでしたか?
夫のせい、妻のせい、子供のせい、家族のせい、上司のせいなど、とにかく責任転嫁しては人を傷つけて甘えているのは、ハッキリ言って毒親のほうです。

ただ、残念ながら、自分の人生の責任を毒親に押しつけて甘えてしまっている毒親育ちがいるのも確かだと思います。
そういう方は、気づかず自分も毒親になってしまっているケースが多いです。

「毒親のせいにして甘える」ってそもそも何?

私は、「これは毒親のせいだったんだ!」と断定するのは甘えだと思いません。
甘えとは、責任転嫁のことだと考えています。

そのため、「毒親のせいにして甘えている」というのは、

自分で選んだ人生の選択肢がうまくいかなかったとき、その責任を毒親に負わせようとすること

こういうことを指すのだと思います。

例えば、

「私が就職できないのは、毒親に『能無し』って言われ続けて自信が育たなかったからだ。だから、積極的に就活できないんだ」

と考えるのは、「毒親のせいにして甘えている」とは言わないと思います。
就活に気が向かない原因を分析しているだけです(当たっているかどうかは別として)。

しかし、

「毒親の暴言のせいで自分に自信がない。だから積極的に就活できなかった。私が就職できないのは毒親のせいなんだから、毒親が私の勤め先を探すべきだ!

これは、「毒親のせいにして甘えている」という状態でしょう。
さきほどのセリフと微妙に違うのですが、伝わるでしょうか。

毒親は、就職・恋愛・結婚・人づきあい・成功・行動など、子供が「〇〇できない」ありとあらゆる原因を作ることが多いです。
それくらい厄介なのが毒親です。

そして、生きづらさを感じたとき、「毒親に原因がある」ということを気づかないままでいると、いつまで経ってもその生きづらさを和らげることができません。
原因がわからなければ、何事も治しようがないですから。

しかし、「甘え=責任転嫁」と考えると、毒親が原因で行動できなかったり、人生の選択に失敗したりしたとき、その解決を毒親や他人に肩代わりさせるのだけは「甘え」に入ると思います。

なぜなら、毒親に原因があっても、自分なりに克服したりして恋愛・就職・行動などすることもできるからです。

自分で何もしようとせず、毒親や他人に解決を求めるのは、人生の責任を放棄していることになります

自分の人生の選択を責任転嫁するのは、やっていることが毒親とまったく一緒です。

毒親育ちはほぼ100%自分を責める

ここまで、毒親に甘えているというのがどういうことか、私なりに説明してきました。

でも、書いておいて何ですが、毒親育ちは、ほとんど甘えてなんていません

私は今まで何十名もの毒親育ちと交流してきましたが、みなさんどちらかというと、ほぼ確実に自分を責める性質を持っています(私もです)。
毒親や他人を責めて甘えるような方には、ほとんど出会ったことがありません。

みなさん、まず最初に「自分が悪い」と思いこむのです。
逆に、そこを毒親からつけこまれていたり、本当は毒親が原因なのに気づかず苦しんでいたりするケースが圧倒的に多いです。

だから、たいていの方はあまり心配しすぎなくてもいいと思います。

自分で「甘えかな…」と思ったら

blame

「毒親のことで悩んでるけど、自分はただ甘えてるなのかも…」とおっしゃる方が結構います。

自分が「甘えてるんじゃないか」と思いこんでしまうと、誰かに相談したり、悩みの解決策を探したりするのはなかなか難しいですよね。

たいていの場合は甘えでもなんでもないことが多いのですが、(他人から「甘えだ」と批判されるのが恐いのを抜きにして)意外と悩んでいる方が多いみたいなので、それについて少しお話します。

大切なのは、毒親の影響を「どう治していくか」決めること

他人に責任転嫁していない(=甘えていない)ということは、今まで毒親が原因でできなかったことを、今後自分がどうしていくか決めているということです。

例えば…

【例1】毒親の暴言のせいで自信がないから就職できない

×:
毒親に暴言を吐かれ続けたせいで自信をなくし、就活できない。オレが就職できずに困ったら、毒親の責任だ!だから生活費くれるよな?
〇:
そうか、「就職が怖い」と感じていたのは、毒親の暴言が原因だったんだ。じゃあ、まずは心の傷を癒すためにカウンセリングを受けよう。
〇:
面接に自信がないのは、過去に毒親から受けたトラウマのせいだよな。じゃあ、面接がない仕事を探そう。仕事がなかったら今は就活をやめて、生活費をどうするか考えよう。

【例2】毒親に男(女)性としてバカにされてきたから恋愛できない

×:
私が恋愛に積極的になれないのは毒親のせい。誰かが私を愛してくれたら自信が持てるのに!
〇:
毒親にバカにされてきたんだから、恋愛に自信が持てないのは当然か。誰かに相談できないかな?
〇:
毒親にバカにされてきたから恋愛が怖かったんだ。じゃあ、自分を磨いて自信をつけよう!

毒親と同じような「責任転嫁人間」にならないで

このように、誰かに解決を任せるのではなく、自分の責任で選択肢を決めていれば、それは甘えじゃありません。
ただし、もちろん、「他人にお願いする」と決めて、解決を手伝ってもらうのはアリだと思います。

行動できないことや、毒親が原因で何かを恐れることをダメだと言っているのではありません。
やらなかったこと、できなかったことを毒親のせいにして、人に解決を丸投げしてはいけないだけです。

「怖いから行動しない」「つらいからやらない」と決めたのは、あなた自身だからです。

ただ、怖いから、つらいからといってやらない気持ちは私も100%理解できるので、それを責めたりはしません。

怖い、つらい、傷つきたくないなどの気持ちは、抑えつけてコントロールできるものでもありません。
ましてや、すべての人間が、いつも恐怖や苦痛に打ち勝って行動しまくれるわけではありませんからね。

あくまで、毒親と同じような責任転嫁人間にならないでね、というお話です。

他にもっとつらい人がいるから甘えちゃダメ?

最後に補足ですが、自分が「甘えてるんじゃないか」と思ってつい我慢してしまうのは、

「他にもっとつらい思いをしてる人がいるんだから…」

と考えているのが原因の場合も多いです。

ハッキリさせておきますが、他人がどれだけつらかろうが、自分の苦しさを我慢しなくてOKです。

確かに、親の問題というと、ニュースで報道されるような恐ろしい虐待などのレベルじゃないと、「つらい」と言ってはいけないような気がしますよね。
口で親に否定されたり傷つけられたりするくらいでは、「そんなのよくある親子の話」と思われてしまうこともあります。

でも、毒親育ちの方ならイヤというほどわかると思いますが、「よくある話」では到底片づけられないほどつらいものですよね、毒親って。

つらいと思ったのであれば、遠慮なくそのつらさを解決しようとしたっていいんです。

よりつらい思いをしている人を差し置いて音を上げるのが「甘え」だというなら、極論、「世界で1番つらい思いをしている」と断定されたたった1人だけが、堂々と悩んでよいことになります。
他の70億人は、どれだけつらくて悲鳴を上げても「甘え」ってことになるなんて、絶対おかしいですよね。

このように、「幸せ」や「不幸」のレベルを他人と比べたって本当に意味がないので、毒親のことで悩むのが甘えだとは思わなくて大丈夫です。

まとめ:毒親育ちはほとんど甘えていない

「毒親のせいで〇〇できない」というのは、ほとんどが本当の話です。
それだけ毒親は子供の主体性や行動力をむしばむからこそ、「毒親」なのです。

だから、「毒親が原因でつらいんだ、うまく〇〇できないんだ」ということを認識するのは甘えでもなんでもなく、むしろ、自分で自分の問題を解決しようとする責任ある行動です。

でも、毒親が原因だとわかった後、今後自分はどうすべきなのか決めず、ただ他人に何とかさせようとするのは、毒親と同じで人生の責任を放棄していることになるので気をつけてください。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
Anna

毒親育ちで在宅WebライターのAnnaです。

いわゆる「パワハラ上司」のような祖父母・両親のもとで育ち、大人になっても人間関係をうまく築くことができず、抑うつ・無職などを経験しました。

今は、毒親との絶縁に成功し、バイトしながら在宅でWebライターとして穏やかに暮らしています。

「甘え」、「親不孝」など毒親育ちに対する世間の厳しい言葉をとりあえず置いておいて、100%毒親育ちサイドに立って発信していきます。

詳しいプロフィールはこちら

【Webライティングの実績】
・通算500件以上の記事を執筆
・大手生命保険メディア様にて多数記事掲載
・Fintech系サイト様にて記事を1カテゴリー全執筆
・「サグーワークス」様の合格率1%「プラチナライターテスト」に一発合格
・「Lancers」様にて、Webライティング開始後1か月で「認定ランサー」の資格を取得

Annaをフォローする
毒親からの精神的解放
Anna's Cup of Tea

コメント

  1. Annaさんこんばんは。初めまして。ikamと申します。
    私の親も毒親だと思います。
    父は子育てに一切関知せず、家にお金も入れず、それなのに仕事が忙しいと家庭を顧みない人でした。
    母はそれでも父と別れようとせず、働いてなんとか生計を立てていましたが、毎日なんども
    「お母さん、泣きながら仕事に行ってるのよ。こんなに辛いのはあんたを育てるためなのよ。だから大学に行っていい企業に勤めてね」と、本当に口を酸っぱくして言っていました。
    また、「うちは貧乏だから」ということも頻繁に言われました。
    「あんたが公立高校に行かないと、妹は高校に行かせられない。だから一流の公立進学校に行って。私立は認めない」と、これも受験期毎日毎日言われました。

    私は保育園時代からいじめられていて、友人も少なく誰にもこういったことを相談できませんでした。
    親から逃げるには、県外の公立大学に行くしかないと、高校の同級生が楽しく遊んでいる間もずっと勉強し続けて、なんとか大学に進学しましたが、そこで力尽きました。
    大学から一人暮らしのアパートに帰ってくると、「あんたが家を出たことで、お母さんのお金がなくなった」と電話攻撃でした。

    死にたいと思うようになり、大学の保健センターでカウンセリングを受けましたが、私が泣いて話している間、カウンセラーは寝ていました。
    見捨てるように精神科を紹介され、そこで大量の精神薬を服薬させられ、今は精神障害者に仕立てられてしまいました。

    大学は留年してなんとか卒業しましたが、20代はじめなのに薬物中毒でフラフラでした。
    氷河期世代だったこともあり、面接のたびに嫌な対応をされ、面接がトラウマになり、いくつか職を転々とし、職場でもいじめにあい、退職と精神科入院を繰り返して40代になりました。

    自分のことを長々と語ってしまいましたが、「何でも人のせいにして甘えているのは毒親の方」という意見にハッとしました。
    毒親について書かれた記事を読むと、それだけで恐怖を感じパニックに陥ってしまう場合があります。でも、この記述はすっと心に入ってきて、納得できました。

    残念な人生を送っている私ですが、Annaさんのブログをこれからも時折拝見しつつ、自分なりに楽しい生き方を探っていきたいと思いました。
    記事を書いてくださってありがとうございました。
    ご自身の内面と向き合って、こんなにも理性的な記事を書けるなんて素晴らしい才能だと思います。
    コメント返しは大変だと思いますので、必要ありません。
    Annaさんが少しでも穏やかに生活できるように、私もネットの向こうから応援しています。

    現在最低賃金以下の障害者施設で就労する話を進めていますが、それも毒親である父の意見に屈したような気がしてモヤモヤしています。