毒親

毒親の対処法

毒親との実家暮らしをラクにする対処法【「とにかく1人暮らしを」とは言いません】 

1人暮らしをすれば毒親から解放されるのは分かっているけど、事情があってできないという方も多いかもしれません。毒親との実家暮らしは非常につらいものですが、今すぐ脱出できるという方ばかりではありませんよね。そのような方々の実家暮らしが少しでもラクになるように記事を書きます。
毒親から精神的に離れる方法

毒親を許さなくても幸せになれる方法

「毒親はなるべく許したほうがいい」。昔そう言われた私は、ものすごい反発心を抱きました。毒親から離れて数年経った今でも、別に親を許す必要はないと考えています。大切なのは、自分の気持ちを無視して苦々しい顔をしながら親を許すのではなく、「親が許せないから」という理由で行動を起こさないことです。
毒親エピソード

【レポート】毒親と食事に出かけてきました

GW中、両親から食事に誘われたので仕方なく会ってきました。断ろうかと思ったのですが、また後で誘われるうえに、2回目の誘い以降は「前回断ったでしょ!」と怒られるだろうと思ったので、面倒だから嫌々行きました。毒親の誘いを断れない方、近々毒親に会わなくてはならない方は、よろしければこのレポートを参考にしてみてください。
毒親から精神的に離れる方法

先のことが不安になるのは、「ブレないもの」が無いから

「どうして自分は、人よりもこんなに先のことが不安になってしまうんだろう…」という方は、もしかしたら「ブレないもの」を持っていないのかもしれません。でも、どうしたらブレないものは手に入るのか?世間、親、周りの人に影響され、「自分がない」状態で20年以上生きてきた私なりに考えてみました。
毒親から精神的に離れる方法

「子供のため」は毒親の罠 子供が親に望むたった1つのこと

「あなたのためよ!」と親に言われると、もうそれ以上抵抗できなくなってしまう。毒親育ちの方はこのような経験がおありではないでしょうか。親が子供のためを思って行動するのは決して悪いことだとは思いませんが、子供が心から望む親は、子供がダメな方向に行かないように立ち回る親ではありません。
毒親エピソード

「毒親が怖くてご機嫌取り…」親から身を守らなければならない苦しみ

健全な親子関係を望んでいたが、どうしても親のご機嫌取りをしないとうまく回っていかない。でも、毒親が不機嫌になるよりはマシだけど、ご機嫌取りするのもけっこう苦痛だ。心から「健全な親子関係」を望んでいたにもかかわらず、20年以上経っても実の両親と信頼関係を構築できなかった私の体験談をつづります。
毒親の対処法

毒親が怖くて言いたいことを伝えられないときの対処法

毒親にあれだけ言いたいことがたくさんあったのに、いざ不機嫌そうな顔をする毒親と対面すると、怖くなって言いたいことを全部忘れてしまう。そして、後になって「ああ言えばよかった」、「こう言い返したかったのに」と後悔することがあります。そんなつらさをなくすためにはどうしたらいいか考えてみます。
毒親エピソード

人並みの生活をさせてくれる毒親を嫌うのは、甘えじゃない

暴力を振るうわけでもない。ご飯もくれるし、家も追い出さないし、それどころか旅行に連れて行ってくれるし、大学にも進学させてくれる。そんな親のもとに生まれても、子供が「自分が消えるか、親を消すか」と真剣に思い悩んでしまうほど追いつめられてしまうこともあります。
毒親の対処法

「不機嫌な毒親が怖いけど、ご機嫌伺いに疲れたとき」の対処法

毒親育ちの方ならよく分かると思いますが、毒親が不機嫌になるのは本当に恐ろしいですよね。不機嫌な毒親が怖いから率先して毒親のご機嫌伺いをしてしまうけど、そんな過ごし方はもう疲れた…。そんなとき、不機嫌な毒親を回避する実践的な方法をご紹介します。