【お知らせ】新企画アンケート

ただいま、新企画に向けてのアンケートを実施しております。
今年は、「毒親から経済的に自立するための新企画」を始めようと思っているので、それについてのアンケートです。
よろしければご協力お願いします。

毒親育ちあるあるエピソード集 Vol.2

毒親育ちあるあるエピソード 毒親エピソード

今日は、だいぶ前に書いた毒親育ちあるあるエピソードの続きを書いてみたいと思います。

毒親育ちの読者様に、共感して元気になっていただけたらなと思います。

 毒親育ちあるあるエピソードVol.2

前回は、4つほどエピソードをご紹介したので、今回は「エピソード5」から書いていきます。

かなり生々しいセリフなども書き起こしているので、今ひどく落ち込んでいるという方は見ないほうがいいかもしれません。
皮肉たっぷりのホームドラマを見るような、気軽な感じで見ていただけたらと思います。

【エピソード5】新しいことを始めようとすると大騒ぎされる

筋トレなどの新しい習慣を始めようとしたり、新しい趣味に挑戦しようとしたりすることは誰にでもありますよね。

子供がそんな新しいことを始めようとしたとき、毒親は、いちいちツッコミを入れて大騒ぎしてきませんか?

もちろん、

  • 元手がないのに、巨額の投資を始める
  • タバコを吸い始める

などであれば、どんな親でも多少は心配すると思います。

しかし、毒親は、

  • 毎日のストレッチを始める
  • 趣味で裁縫を始める

などのような、ほぼ無害なイベントにも敏感に反応して大騒ぎしてきます。

しかも、毒親の場合は、必ずといってよいほど批判・否定する方向に大騒ぎしてきます。

例えば、「あ、ストレッチ始めたの?」のように反応するだけなら、家族同士よくあることでしょう。
一方で、毒親の場合は、

「毎日のストレッチなんて、どうせ続かないでしょ」
「何やってんの!?好きな人でもできたの?誰!?(毒親の中で確定事項として話が進みます)」
「ストレッチやると、骨盤がゆがむらしいよ」

などのように、平たく言えば、テンションが下がる言い方で反応してきます。
「やる気の減退」を他人のせいにするわけではありませんが、モチベーションが下がりかねない言い方であるのは事実です。

「どうせ続かない」という類の言葉は、普通の家族同士でも言うことかもしれません。
しかし、毒親の場合は、冗談半分ではなく本気で言っているので、もし途中で止めてしまうと、

「ほら、最近やらなくなったでしょ?根性ないね」
「どうせ、何をやっても続かないもんね」
「少しは有言実行できる人になろうよ」
「アンタは意志が弱すぎる!継続は力なり!!」

と、人格否定とともに批判されるので、気軽に何かを挑戦するのが難しくなります
しまいには、テンションが下がるだけではなく、新しいことに挑戦する気持ちそのものが減退していきます

私自身、何かちょっと新しいことをするたびに家族から大騒ぎされていたので、新しいことを始めるときは、絶対家族にバレないようにするクセがつきました。
毒親の影響で、保守的になりすぎたくないものですよね。

【エピソード6】2人っきりになると、毒親が途端に批判してくる

これは、特に毒母にみられる傾向かと思います。

毒母は、夫や他人の前では「いいんじゃない?」と同意してくれていても、子供と2人っきりになると、

「アンタはああ言っていたけどね、私はずっとどうかと思っていたんだよ」

と、急に手のひらを返してくることがあります。

私の場合、母に強くその傾向がありました。
例えば、私が「理系の大学に進みたい」と家族全員の前で伝えたとき、母が「うん、いいんじゃない」と同意してくれたことがありました。

しかし、私と2人っきりになると、母から急に

「アンタは『理系の大学に行きたい』って言ってたけどね!私はね、本当は心の中でずっとどうかと思ってたよ!」

と平気で言われました。

毒親の言葉は、他人がその場にいるかどうかでコロコロと変わることが多いので、とても信用できません。
私は、この世でもっとも信頼できないのは自分の親だと思っています。
そんな風に感じてしまうほど、毒親と一緒に暮らしているときは翻弄されてきました。

もちろん、「お母さんもいいって言ってたじゃん!」と反論しても、「考えが変わった」の1点張りなのでムダです。
考えが変わるのは一向にかまいません。
しかし、毒親の場合は、自分の考えが変わったことに対し、

「私の考えは変わったのだから、アンタも考えを改めろ」

という態度をとってきます。

ちなみに、「理系の大学に進むのはどうかと思う」という理由を当時の母に尋ねると、「女の子が理系の大学に行っても、幸せになれないから」という回答が返ってきました。
…まあ、考え方は人それぞれですが、1つだけ確かなのは、真っ向から反論しても毒母の主張を変えるのは難しいということだけです。

【エピソード7】毒親がたくさん愚痴を言ってくる

私はごく最近知ったのですが、普通の親は、子供に面と向かって愚痴を言うことは滅多にないそうですね。
本当に驚きました

私の母は、当たり前のように、学生の私に対して、ほぼ毎日愚痴をこぼしてきました。
私に対する愚痴のときももちろんありましたが、たいていは、他の誰かに対する愚痴です。

「ババア(姑)がイヤミを言ってきた!ムカつく!あなたたちは私の味方よね!?」
「じいさん(舅)がタバコ歩きをやめてくれない!どうしたらいいかアンタらも考えなさい!!」
「忙しくて自分の時間がないわぁ。アンタたち子供は、ヒマでいーわねぇー」

例を挙げるだけで、赤ら顔になりながらヒステリーを起こす母を思い出して、悲しいため息が出ます。

でも、子供の頃の私は、「家族なんだから愚痴を聞いてあげなきゃ」と思っていました。
母も、私が愚痴を聞かされて嫌な顔をすると、

「私だって大変なんだから聞いてよ!!同じ家族でしょ!!アンタだけ、のうのうと知らんぷりするの!?」

とヒステリー気味に怒鳴ってきました。

私個人としては、たしかに、祖父の歩きタバコなど、家族の振るまい自体にも実害があったのですが、それよりも、「家族の振るまいが母の愚痴の原因になること」のほうがイヤでした。

母の剣幕を思い出すだけで、どうしようもない涙が浮かんできます。
やはり、同じ家族の問題なのだから、きちんと聞かなければいけなかったのでしょうか?

私にはよく分かりませんが、少なくとも、当時の私が、怯えて母から逃げ回るほどの苦痛を感じていたのだけは間違いありません。

【エピソード8】部屋にカギをつけようとするとキレる

私が大学生の頃、友人の実家に遊びに行ったとき、友人の部屋のドアにカギがついているのを見て驚いたことがあります。
「ドアにカギなんかつけて、親に怒られないの?」と私が尋ねると、友人は

「怒られるわけないじゃん。カギがあるのは当然だよ」

と返してきました。

私の母は、子供部屋にカギをつけようとすると、

「何で開かないようにすんのよ!?私に入ってくんなってこと!?コソコソするな!」

と激昂していたので、実家の私の部屋にはカギがありません。

部屋にカギをつけることが許されなかった私は、「せめて、部屋に入る前にノックだけはして」と何度か母にお願いしました。
その結果、たしかに母はノックしてくれるようになったのですが、ノックした直後、私が返事もしないうちにドアを開けて、ズカズカと部屋に入ってきます

私は、「それじゃノックした意味がないじゃん!!」と当然のように主張したのですが、母は、

「だって、返事を待つのは面倒くさい。そもそも私は忙しいから、返事なんて待てないのよ」

と、私の主張を一蹴しました。

形だけノックして間髪いれず部屋に入ってくるのでは、ノックなしで部屋に入ってくるのとなんら変わりないですよね。
それに、いくら忙しいとはいえ、たった数秒の返事すら待つ時間がないとは思えません。

その後も、

「忙しくて返事が待てないなら、お母さんの仕事を手伝うから。だから、間髪いれず部屋に入ってくるのはやめて」

とお願いしましたが、いくら私が母の仕事を手伝っても、母は最初の1、2回だけしか約束を守ってくれません。
その後は、元通り、無許可で部屋に入ってくる母に戻ってしまうのです。

母は、私の主張の本質を心から理解する気なんてなく、その場しのぎの対応をしているだけなのです。

ただし、毒親育ちの方ならご理解くださると思いますが、毒母に「最初の1、2回だけしか約束を守ってくれてないじゃん」と指摘してもムダなのです。

子供が反抗すれば延々と反撃し、ついには

「ノックしてから親を部屋に入らせるなんて、非常識だ!

と、約束の内容自体を否定してくるのが毒親なのです。

私は、「1人にして!」と叫び、自分の部屋にこもるドラマの登場人物をうらやましく思っていました。
私の家では、母の気が済むまで、私が1人になることは許されません。
母がドシドシと部屋まで私を追いかけてきて、私が気持ちを整理する間もなく、延々と母の主張を叫ばれていましたからね…。笑

まとめ:毒親育ちにしか分からないエピソード

一見普通の家庭にありがちなエピソードだけど、詳しくヒモ解いてみると、やっぱりちょっとどこかおかしい

また気が向いたら、そんな「毒親育ちにしか分からないような毒親エピソード」を書こうと思います。

記事をご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
Anna

毒親育ちで在宅WebライターのAnnaです。

いわゆる「パワハラ上司」のような祖父母・両親のもとで育ち、大人になっても人間関係をうまく築くことができず、抑うつ・無職などを経験しました。

今は、たまにバイトしながら在宅でWebライターをしています。

自身のWebライターの経験から、在宅で「毒親脱出資金」を稼ぐ方法を読者の皆様と一緒に模索していけたらと思っています。

「甘え」、「親不孝」など毒親育ちに対する世間の厳しい言葉をとりあえず置いておいて、100%毒親育ちサイドに立って発信していきます。

詳しいプロフィールはこちら

【Webライティングの実績】
・通算500件以上の記事を執筆
・大手生命保険メディア様にて多数記事掲載
・Fintech系サイト様にて記事を1カテゴリー全執筆
・「サグーワークス」様の合格率1%「プラチナライターテスト」に一発合格
・「Lancers」様にて、Webライティング開始後1か月で「認定ランサー」の資格を取得

Annaをフォローする
毒親エピソード
Anna's Cup of Tea

コメント

  1. 毒親という言葉を聞き、自分の母もそうかもしれないと思い調べているうちにこのサイトにたどり着きました。共感しすぎて涙が出そうです。特に愚痴の部分はまさにその通りです。あとわたしは私が人間関係について愚痴をこぼしたときは全力で否定されたりもしました笑
    来年から大学生なので、独り暮らしなどをきっかけに距離を置きたいものです…。

    • コメントいただきありがとうございます。
      当ブログ管理人のAnnaです。

      あやめさんのお母様は、愚痴をこぼしてくるなど、
      あやめさんにとってとても苦痛なことをずっとしてきたのですね。

      毒親は、自分の愚痴は聞いてくれないと怒るのに、
      子供の愚痴は平気で全力否定しますよね。

      私も、母に人間関係で相談したとき、
      「アンタが弱いから悩むんだ」
      「繊細すぎ!気にしすぎ!」
      などの言葉ですべてを否定されてきたので、
      あやめさんのお気持ちが分かります。

      あやめさんは来年から大学生なのですね。
      もしお母様と距離を置けるのであれば、
      毒親のいない空間の心地よさを存分に味わってください。笑

  2. 私のお母さんも毒親かもしれません。ほとんどのことに共感できて、こういう母親は自分の家庭だけじゃないんだって思うと心が少し軽くなりました。小さい頃からずっと悩んで苦しかったので、このサイトにたどり着けて本当に良かったです。

    • コメントいただきありがとうございます。
      当ブログ管理人のAnnaです。

      sinoさんは、小さい頃からお母様との関係がうまくいかず、
      ずっと悩み苦しまれてきたのですね。

      その苦しさは、言葉で言い表すことができないような
      つらい苦しさだったのではないかと推察します。

      私のブログでsinoさんのお気持ちが軽くなったのであれば幸いです。
      家庭のことで悩む方は結構多いので、安心してくださいね。

  3. ワタシの母も毒親だとここ10年ぐらいで気づきました。一人っ子で育ち古い家だったので、お婿さんをとってこの家を継ぐんだとずっと言われてたのでそういうものだと思っていました。ただ、自分が大人になり、子供を持ち同居しし始めるとかなりの毒親だという事に気づき、同居してくれている主人や子供たちにも申し訳ないなと思うこともしばしばです。自分では愚痴ばかり、体面を気にする ほかほか コチラを読んで思い当たることばかりでした。その血が私にも流れていると思うとドキッとします。だから、きちんとした意見を持ってくれている父には長生きしてもらいたいと思っています。