毒親が1人暮らし先に押しかけてきたときの対処法

door1人暮らしノウハウ

1人暮らししたいけど、毒親が押しかけてきそうで怖い…。

毒親と別居中。
でも、毒親のキゲンを損ねたら家に押しかけられそうだから、毒親に従うしかないよ…。

上記のような悩みを解決するためのページです。

毒親と離れて暮らしていても、毒親が、子供の事情もおかまいなく勝手に家へ訪ねてくるケースはかなり多いようです。
それ以前に、「毒親が家に押しかけてくるかも…」と不安になり、別居するのに二の足を踏んでしまうという方も多いのではないでしょうか。

この記事では、別居先に毒親が押しかけてきたときの対処法と、予防策についてご紹介します。

スポンサーリンク

毒親を家に入れないための予防策

では、毒親を家に入れないための予防策のほうからご紹介します。

まず大前提として、毒親が家に来ても、絶対に中に入れないでください
このスタンスをつらぬいてください。

毒親が、

遠路はるばる苦労して来たのに!

仕事をムリに休んで来たんだぞ!

せっかく来たのに追い払うのか!?
子供として冷たすぎるぞ!

などのように言おうと、決して家の中に入れてはいけません。

いちおう、毒親の責めが怖い方のために、毒親に言葉で押し切られないためのヒントが書かれたページもご紹介しておきます。

「とにかく家に入れない」ということを前提に、毒親の侵入を未然に防ぐ2つの予防策をご紹介します。

【予防策①】合いカギを渡さない

このサイト内でも何度か書いていますが、毒親に合いカギを渡してはいけません。

「カギ」というバリアがあれば、たとえ毒親が鬼の形相で押しかけてきても、物理的に家が自分を守ってくれます
さすがに、ドアを壊して侵入できる毒親はそうそういないはずです。笑

しかし、別居するとき、

毒親からしつこく合いカギを要求された…。

「合いカギを渡せ」ってせまられて、怖くて…。

などの理由で、しかたなしに合いカギを渡してしまうケースもあるでしょう。

もし合いカギを渡してしまったら、お金はかかりますが、後ほど事業者さんに頼んで、鍵を換えてもらいましょう
賃貸の場合は、カギを換えてもいいかどうか大家さんに相談する必要がありますが、たいていは「自腹」という条件で交換させてもらえるそうです。

▼ちなみに、実際に私が利用させていただいたカギ交換サービスはこちらです。

【予防策②】「勝手に来られたら傷つく」ということを伝える

意外なことに、毒親は、子供がイヤがっていることに気がつかず、好意で家に押しかけていることもよくあります。

こちらが本気で迷惑しているのに、毒親は、

大人になったからって照れちゃって~。

何か家に見せられないものでもあんの?
親子なんだから、隠しごとはナシでしょ。

親が来るんだから、当然受け入れるはず!

なんて能天気に考えていることもめずらしくありません。

そのため、毒親が家に来ることになったら、「家に押しかけてきたら傷つく」という意思をハッキリと伝えましょう。

「家に来るな」と伝えるときは、毒親への罵詈雑言などを言うのはガマンして、

こっちの事情を無視して勝手に家へ来ないで。
勝手に家へ押しかけられたら、私は傷つくし、あなたたちを拒絶します。

ということのみをシンプルに伝えましょう。

笑いながら軽い感じで言ったりすると、毒親は、上記のように「またまたぁ~♪」というノリで子供の気持ちを無視するので、真剣な声音と表情で伝えてください。

毒親が別居先に押しかけてきたときの対処法

次は、予防策もむなしく、毒親が家に実際来てしまったときの対処法についてお話します。

もし、前の項目でご紹介した予防策をとっても毒親が押しかけてきたときは、とにかくカギを開けないようにしましょう

家に入れるのを拒否していると、毒親によっては、わめきだして近所迷惑になるかもしれません。
それでも、とてもつらくて恐ろしいかもしれませんが、何とかガマンして玄関を開けないようにしましょう。

ご近所の方には、騒音で非常に申し訳ないのですが、こちらは人生の自由がかかっています
1度侵入を許してしまえば、毒親はまた同じように押しかけてくるので、とにかく家に入れるのを拒否しましょう。

何十分も怒鳴り続けていられる人はそうそういないので、少しガマンすれば、毒親も迷惑行為はやめるはずです。

家の前にいる毒親がどうしても怖いときは?

家の前で怒鳴りつづけてる毒親が、怖くて怖くてたまらない…。

という方は、カギを開けずに、親子の問題を理解してくれる友人無料相談所に電話しましょう。

ただし、友人や相談所に問題を解決してもらうのが目的ではありません。
「味方の誰かとつながっている」と実感し、冷静さを取り戻すのが目的です。

毒親が帰るまで拒否しつづければ、毒親は「この子は家に入れてくれない」と学習するので、家に押しかけなくなってきます。

すでに何度か毒親の侵入を許している場合は?

今まで毒親の侵入を許しちゃってたけど、もう手遅れ…?

と思っている方は、安心してください。

「家に来られたら本気で傷つく」ということを真剣に毒親へ伝え、実際に家に入ることを拒否するのは、今日からでもできます

その場合、毒親は態度を急変させた子供に驚きますが、

今までずっとイヤだったけど、断ったら〇〇されそう(怒鳴られそう、嫌味を言われそうなど)で怖かったから、ガマンして迎え入れていた。
これ以上私の気持ちを無視して家に来るなら、私は傷つくからやめて。

と伝えればOKです。

まとめ:とにかく毒親を家に入れてはいけない

1度毒親の侵入を許すと、

「行けば家に入れてくれる」

と、おぞましい考えを持たれます。笑

しかし、ムリヤリ家に押しかけてくる毒親を拒否するのは、とても恐ろしいものですよね。
その恐ろしさを和らげてくれるのは、物理的に侵入できないという安心感です。

家に入ることができるカギを毒親に持たせないようにしましょう。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
Anna

毒親育ちで在宅WebライターのAnnaです。

いわゆる「パワハラ上司」のような祖父母・両親のもとで育ち、大人になっても人間関係をうまく築くことができず、抑うつ・無職などを経験しました。

今は、毒親との絶縁に成功し、バイトしながら在宅でWebライターとして穏やかに暮らしています。

「甘え」、「親不孝」など毒親育ちに対する世間の厳しい言葉をとりあえず置いておいて、100%毒親育ちサイドに立って発信していきます。

詳しいプロフィールはこちら

【Webライティングの実績】
・通算500件以上の記事を執筆
・大手生命保険メディア様にて多数記事掲載
・Fintech系サイト様にて記事を1カテゴリー全執筆
・「サグーワークス」様の合格率1%「プラチナライターテスト」に一発合格
・「Lancers」様にて、Webライティング開始後1か月で「認定ランサー」の資格を取得

Annaをフォローする
1人暮らしノウハウ
Anna's Cup of Tea

コメント