「自分を責めてしまう生きづらい毒親育ち」が最強な理由

毒親育ちの生きづらさ解消術
毒親に責められてばかりだったから、今もよく自分を責めてしまう…。
自分を責めすぎてしまうせいで生きづらい…。
「自分を責めるのをやめよう」?
じゃあ、他人を責めればいいってこと?

上記の疑問を解決するページです。

毒親育ちにとても多いのが、(私も含め)自分を責めてしまう人。

適切に反省するだけならいいのですが、中には、自分を責めすぎて生きづらさを抱えてしまっている方も少なくありません。

でも、「自分を責める」ってマイナスなイメージがありますが、実は、有益な自分の責め方というものがあるんです。

今日は、

「ちょっとだけ思考のクセを変えれば、自分を責めてしまう毒親育ちは超強い人間になれるよ」

というお話をします。

スポンサーリンク

「自分を責める」には2種類ある

実は、自責の念には2種類あります。

それは、

  1. 「自分の責任だ」という自責
  2. 「自分はダメだ」という自己否定

です。

専門的には他にもいろいろあるかもしれませんが、ここではまず、上2つの自責の違いを知っていただきたいです。

結論から言うと、1の「自分の責任だ」はOKですが、2の「自分はダメだ」は毒親育ちをとても生きづらくします
なんとなく想像つきますよね。

2のような「自分はダメだ」という自責をやめて、1のような「自分の責任だ」という自責にすると、問題解決能力の高いしっかりとした大人になれるんです(毒親とは真逆の人間ですね 笑)。
また、気持ち的にもラクで、生きづらさが減ります

では、それぞれの自責の違いについてみていきましょう。

1.「自分の責任だ」と責める

「自分の責任だ」と責める。
これは、言い換えれば、「自分がコントロールすべき問題だ」と認識することです。

例えば、今の仕事がつらくて辞めたいとしましょう。
そのとき、

上司は冷たいし、同僚も気が合わないし、残業も多い。
辞めたい…。

と、どうしても「辞めたい原因」にフォーカスしてしまうかもしれません。

しかし、1の「自分の責任だ」という責め方をするとこうなります。

こんな職場に留まっている自分が悪い。

こうやって「自分を責める」のです。

今いる職場がイヤなら、自分の意志で辞めることができるはずです。
少なくとも、辞める権利は誰にでもありますよね。

このように、

「自分がここにいるのが悪い」
「自分がこれを選んだせいだ」

と思えば、

「じゃあ転職しよう」
「ここにいなくていい。別の職場を探そう」

と、自分で問題を解決できる問題解決能力の高い人間になれるんです。

毒親の問題も同じで、

うちの親は私のことを何も考えてないし、機嫌悪いと私にあたるし…。

と「親と離れたい原因」に焦点を当てたままだと、なかなか問題を解決するのは難しいです。

「他人を変えるのは難しい」ってことは、もうみなさんご存じだと思います。
その「他人」があの毒親なら、なおさら変えるのはムリだと思いませんか?笑

もちろん、愚痴を言うな!人のせいにするな!と言いたいわけではありません。

「自分の生きづらさは毒親が原因だ」と知ることはとても大切ですし、適切な相手と場所さえ選べば、たまにはグチを言うのだってアリだと私は思います。
というか、断言しますが、毒親育ちの生きづらさはほぼ100%毒親のせいです!笑

この話に関しては、以下の記事に詳しく載せています。

毒親家庭に生まれてきたのは、理不尽で不運以外のなにものでもありません。

ただ、生きづらさなど「現状の問題」を解決したいのであれば、自分がコントロールできないものだけに目を向けていても、解決するのは難しいということです。

ではまた、1の「自分の責任だ」という責め方をしてみると、

毒親と一緒にいる私が悪いんだ。

という思考回路になります。

こう考えるようになれば、毒親から距離を置く、絶縁するなど、自分ができることの範囲内で毒親問題を解決することができます。

2.「自分はダメだ」と責める

もう1つの自責は、「自分はダメだ」と責めるやり方です。

こういう自己否定するような責め方は、とても自分を傷つけ、自己肯定感を低くし、生きづらさなどの原因になります。

このような自己否定の思考回路は、もともと毒親によって植えつけられたものです。
はじめに毒親が子供を人格否定していたので、やがて、子供もそれを信じて自分を否定するようになってしまったのです。

「自分を責めたい!否定したい!」と心から望んでいる人ってそんなにいないはずです(一部いるかもしれませんが…笑)。
つまり、自己否定は自分の本当の意志じゃないということです。

本当にやりたいことじゃないんだったら、自分でやめることができます。

ちなみに、1つ前の項目で、

毒親と一緒にいる私が悪いんだ。

という思考回路にすれば毒親から離れられると書きましたが、

毒親と一緒にいる私が悪いんだ。
ああ、私って甘ったれでダメなヤツだ…。

と、2の自責をやってしまうと、精神的に苦しくなるからオススメできないということです。

自分を責めれば安心する?

これは私の話ですが、

「自分はダメだ」
「どうせ私なんかにはできない」

って言ってるほうがラクなときってありませんか(私だけですか?笑)?
前に紹介した2の自責パターンですね。

なんでこんな風に自分を責めると安心するのかというと、自分がダメなヤツだって考えていれば、何か失敗したときに、

できなくてもしょうがない。
だって、私はダメなヤツだから。

と思えるからかもしれませんね。

何かできなかったり失敗したりしたときの「正当な理由」を作っておくとラクなんですよ(本当に正当かどうかはともかく)。

まあ、見ればわかるとおり、「正当な」理由を作っても何も解決しないのはあきらかです。

でも、たまには、こういう自己否定もしていいと私は思います。
「できなかった理由」を用意しなきゃ気持ち的にやってられないときなんて、大人になればいくらでもありますから。

ただ、自己否定が当たり前でクセになってしまったら、本当に解決したい問題に直面したとき困ると思うので、

「あー私、できない理由作ってるな。ま、今はしょうがないか。気持ちがおちついたら自己否定やめよう」

という自覚だけは忘れないようにしたいですね。

また、1の自責のように「自分に責任がある」ということを認めてしまうと、否が応でもみずから行動せざるを得なくなります。
それが怖くて、億劫で、つい自己否定してしまうのかもしれませんね。

それもいいと思います。
さっきも言いましたが、大切なのは「自覚」しているかどうかです。

自覚さえしていれば、いざ本気で問題を解決したいと思ったときにどうすればよいのか分かりますから。

「2の自責(私はダメだ)をやってるな」という自覚を持ち、1の自責(私の責任だ)を本当に問題解決したいときにできれば、最強です。
この記事を読んでいただいた時点で、自責の念をコントロールできる最強の人になる手段を手に入れていただけたと思います。笑

生きづらさは「コントロールできないもの」から生まれる

「私の責任だ(私のコントロール下だ)」と常に自分を責め、どうしてもつらいときは「私はダメだ」と思っていい、というお話をしてきました。

私の持論ですが、ほとんどの生きづらさとかストレスって、コントロールできないことから生まれてくると思うのです。

例えば、人間関係の生きづらさなら、毒親はもちろん、仕事仲間や恋人など、相手の人格をコントロールできないこそストレスが生まれるわけです。

逆に言えば、毒親は、恫喝や不機嫌などによって子供を一から「コントロール可能な状態」に育てることによって、自分のストレスをなくしていたというわけです。

こんな「荒ワザ」ができるのは、まっさらな状態から子供を育てられる「親」という生き物だけです。
ホント、この世でもっとも厄介な存在のうちの1つですね。

いずれにせよ、生きづらさが「コントロールできないこと」から生まれるなら、生きづらさをなくすには、自分がコントロールできることを変えるしかないということです。

だから、自分の責任を責めて、問題解決能力の高い人間になることが、自分の生きづらさをなくしていく唯一の方法なわけです。

自分を「有益に」責めるときの注意点

最後に注意点ですが、自分が責任を負うべきではないことまで「自分の責任だ」なんて思わなくていいですよ。
自分の責任と他人の責任には、キッチリと境界線をひいてください。

例えば、毒親の人生なんかには1ミリも責任を負わなくていいです。
毒親の人生は、毒親の責任で流れていくものですから。

「毒親の責任」が具体的になにか詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

毒親に、

アンタのせいで私は不幸だ!

お前がいるから好きなことができない!

とか言われても、それは毒親の責任なので、「私の責任だ…」なんて思わないでいいですからね。

あくまで、1の「自分の責任だ」というのは、「自分でコントロールできる問題だ」という意味合いだと思ってください。

まとめ:自分の責め方を変える

毒親育ちは、「私のせいだ」と責めることはもちろん、自分はダメだと自己否定してしまうこともめずらしくありません。

自分の責任を責めるのは問題解決能力につながり、自己否定は生きづらさにつながります。

自己否定をやめるには、「自分は心から望んで自己否定しているわけじゃない」ということを意識してみてください。
一方で、「メリットがあるから自己否定してる」という自覚を忘れなければ、たまーには「自分がダメなせい」にしてもいいかもしれません。

また、生きづらさやストレスは自分でコントロールできないものから発生するので、困ったときは、自分ができる範囲のことをして問題を解決してみてください。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
Anna

毒親育ちのAnnaです。

いわゆる「パワハラ上司」のような祖父母・両親のもとで育ち、その毒親たちの影響で人間関係に疲れ、抑うつ・無職などを経験しました。

今は、毒親との絶縁に成功し、バイトしながら在宅Webライターとして穏やかに暮らしています。

「甘え」「親不孝」など世間の厳しい言葉はとりあえず置いておいて、100%毒親育ちサイドに立って発信していきます。

おいしいおつまみと大好きなお酒さえあれば、その日あったイヤなことはたいていどうでもよくなる体質です。

詳しいプロフィールはこちら

【Webライティングの実績】
・大手生命保険メディア様にて多数記事掲載
・Fintech系サイト様にて記事を1カテゴリー全執筆
・「サグーワークス」様の合格率1%「プラチナライターテスト」に一発合格
・「Lancers」様にて、Webライティング開始後1か月で「認定ランサー」の資格を取得

Annaをフォローする
毒親育ちの生きづらさ解消術
Anna's Cup of Tea

コメント

  1. はじめまして
    昨日、母親と揉めてしまい、色々悩んで検索していたらこちらに辿り着きました。
    事あるごとに障害のある弟と比較され、『お前なんかあの子が普通だったら全部負けてる』と言われ続けました。
    その甲斐あってか見事に劣等感たっぷりの嫌な大人になってしまいました。
    自責の念が強く、他人にもそこを付け込まれ、追い詰められたりして本当に生きづらいです。
    他の記事も共感出来るものが多く、楽しく拝見させていただきました。本当にありがとうございました。
    また新しい記事の掲載楽しみにしています。
    寒いですが、お体にはご自愛下さい